空をみあげて 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

老木に会う 





ソメイヨシノ、ヤマザクラと寄り道しながら

やっとエドヒガンの元にたどり着きました

樹齢・600年だそうです

室町時代からずーっとずっと、静かに時の流れを見てきたのかな~

発見されたのはわりと最近だそうです(1977年・昭和52年)

威厳を感じさせる老木   感慨深いものがありました

(3月31日撮影 満開だと思われます)

エドヒガンー7

広角で下から撮りました

空に向かってぐぐぐーっとのびていますが、わかりにくいですね

花は他の木々の更に上にあり、小さくしか写りませんでした

午後の遅い時間でしたが、西日が高さ28mの上部を照らしてくれて良かった



エドヒガンー6







エドヒガンー1






渓谷沿いの山道を6キロほど走り、

駐車場から山道を300メートル登らなくてはいけないからか、

殆ど人とすれ違いませんでした

エドヒガンー4

でも、そのほうが良いですね

人の足で根回りを踏み固めてはいけませんから






駐車場に戻り、

エドヒガンの子孫と思われる(枝の感じが山中の老木とよく似ていましたが??)

若い桜の間から空を見上げると・・・・・

エドヒガンー9







エドヒガンー12




関連記事

この記事に対するコメント

Dear Ichiko

駐車場から300㍍のぼる
これだけの自己犠牲をはらうと このようなご長老に会えるのですね
600年も生きると枝はさきっぽだけ?幹がどーんと

すばらしい ありがとう

みんこ #- | URL | 2012/04/06 17:42 * edit *

老舗は不況を乗り越えた歴史があります
老木は厳しい自然に耐えてきた歴史があります

簡単に枯らせてしまいたくありませんね

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2012/04/06 23:14 * edit *

Re: みんこさんへ

おはようございます、みんこさん

こちらこそありがとうございます!
長老・・・あ~この言葉がでてきませんでしたよぉ
自分の年齢からすると、1977年は遠い昔ですが
長老にとっては、つい最近でしょうか。

いちこ #- | URL | 2012/04/07 10:06 * edit *

Re: FREUDEさんへ

おはようございます、FREUDEさん

自生のエドヒガンとしては
日本で一番長生きしているそうですよ。
なるほど、老舗と老木・・・どちらも揺らぎませんね。
老舗をずっと見続けておられるFREUDEさんの言葉、
重みがあります。ありがとうございました。

いちこ #- | URL | 2012/04/07 10:10 * edit *

いちこさん、こんばんは(^^)

写真から神々しい威厳を感じます。

すばらしいですね!

Mellon #ugHYyHaM | URL | 2012/04/07 20:51 * edit *

今晩は お疲れ様です。
風が強く肌寒い日が明日も続きそうですが
鹿児島の桜も終わりに近づきましたね。

確かこのエドヒガンは以前にテレビで紹介されて
映像を通じて感動した記憶があります。
いちこさん 行かれたのですね 凄い !
やはり実物は迫力が違うのでしょうね。
素晴らしい桜の木を見させていただき
ありがとうございました。

南の風 #- | URL | 2012/04/07 21:08 * edit *

Re: Mellonさんへ


おはようございます、Mellonさん
いつもありがとうございます♪
実物はもっと威厳があって、すごい存在感がありましたが
写真に撮るのは難しいですね~
だから絵で表現する人がいるんだなって思いました^^

いちこ #- | URL | 2012/04/09 10:26 * edit *

Re: 南の風さんへ

おはようございます、南の風さん
ご無沙汰ばかりで、申し訳ありません^^;
今、熊本なんですが、こちらも朝晩は寒いくらいです。
鹿児島の桜はもう終わったんでしょうね。
今年は鹿児島の桜を見る事ができて、ヨカッタです。
去年の今頃に鹿児島へ移り住みましたが、
八重桜が満開だったのを覚えています。
今年はやはり、遅れ気味でしょうか?

エドヒガンは、地元新聞のカレンダーで見て、
絶対実物を見ようと思っていました。
華やかさはないのですが、静かな感動が湧き上がってきました。
良かったですよ~^^

いちこ #- | URL | 2012/04/09 10:42 * edit *

おはようございます。
凄い古木ですね。
下から見上げるアングルが、とても素敵です。
生きている!!という迫力が伝わってきます。

↑の光と影のお写真、見入ってしまいました。
光で輝き、影でその表情の移ろいを感じます。
とても素敵なショットばかりです。
猫のしっぽのようなのは、ネコヤナギだと思います。
花が咲きかけているところと思います。
p☆。

☆takasegawa☆ #Wf3tz.Uo | URL | 2012/04/12 09:39 * edit *

Re: takasegawaさんへ


こんにちは、takasegawaさん
たくさん誉めてくださって、ありがとうございます(*^-^*)
あれはネコヤナギなんですね!
どんな花へと変貌するのでしょうか?
春はいいですね~ 色んな花を見る事ができますから・・

PCに向かう時間がなくて、お返事が遅くなり
失礼しました。


いちこ #- | URL | 2012/04/14 11:46 * edit *

いちこさん、こんにちは^^

いや、いつもながら、素敵な写真ですね。ブラボー!

いちこさん、今まで色々と有難う御座いました。

今年の八月、僕たちは九州のどこかにいることでしょう。

お体を大切になさってくださいね。旦那様と素敵な人生を!

またどこかでお会い出来るかも知れませんね。感謝^^

お元気で!!

はなさかすーさん #dSgqtt7g | URL | 2012/04/14 16:53 * edit *

さくら紀行

樹齢600年の古木ってのは、凄いですね(^^♪
200年とか300年ってのは、それなりに聴きますが、
桜の樹齢600年ってのは、そんなに多くはないはずです。

600年前といえば室町時代、1467年の応仁の乱に向けて動乱の時代ですね。
戦国時代、江戸時代、明治から大正を経て昭和・平成へと、
これらの時代の変移と出来事を、つぶさに観てきたことになりますね!(^^)!

お久しぶりです、いちこさん。
ブログ上からではありますが、いちこさんの「さくら紀行」で楽しませて頂きました。
美しい「さくら姿」が連続する間隙を縫って、
“さくらと飛行機雲”や“さくらと幽月”が在るのが、また素晴らしい…p(^_-)-☆

Grayman returns #s2PTBPs6 | URL | 2012/04/15 12:12 * edit *

Re: はなさかすーさんへ

こんにちは、はなさかすーさん

そうでしたか、何となく感じてはいたんですよ。
どう表現すればいいのか・・・
はなさかすーさんの心のど真ん中にあるものは、
絶対に変わらないと勝手に確信を持っていますが、
でも、変わっていくものもあるでしょうね。とても自然な事だと思います。
次に選ばれた道を、私は心から応援したいと思います。

いつもはなさかすーさんの言葉に刺激を受けてきました。
暫くの間は、その言葉が聞けないのが残念ではありますが、
でも、大丈夫!大事な部分は胸に刻み込んでいますから^^

堅苦しくなりましたが・・・コメントを読ませていただいて
私もブラボー!と叫びたくなりました。
8月、九州・・・・。

わたしもはなさかすーさんが見せてくださったような、
魂のこもった写真を目指したいです。
ブログの移転を考えていますが、もし可能でしたら見にきてくださいね。

今日は降灰情報が続けて携帯に入ってきます。
桜島、凄まじいですよ。

とりとめのない文章になりましたが、
感謝の気持ちをこめて、ありがとうございます!そして、お元気で



いちこ #- | URL | 2012/04/15 12:49 * edit *

 今日は。
 六百年のエドヒガンの老木。最敬礼です。仲間がどこかでひっそり生きているのかもしれませんね。

安底羅 #- | URL | 2012/04/15 16:11 * edit *

Re: Grayman returnsさんへ

おはようございます、 Graymanさん

いつも素晴らしい文面に、敬服しております。
ありがとうございます(^-^)
「さくら紀行」、次のタイトルに使わせてください。

樹齢600年、凄いですよね。
でも、ほったらかし状態なのが
いかにも鹿児島らしいと思います。
人もあまり来ない・・・これが長寿の秘訣かもしれませんね。

いちこ #- | URL | 2012/04/17 10:46 * edit *

Re: 安底羅さんへ

おはようございます、安底羅さん

ご訪問、ありがとうございます。
はい、長老様には最敬礼ですね。
華やかさは全くありませんでしたが、
威厳を感じましたよ(^-^)
ほんとうに、ひっそり・・という言葉がぴったりな
佇まいでした。

いちこ #- | URL | 2012/04/17 10:50 * edit *

熊本のさくら紀行も…♪

よかったですねッ、娘さんとの「さくら紀行」!(^^)!
鹿児島の桜から熊本の桜へと、今日も、
いちこさんの『さくら紀行』で楽しませてもらっています(^^♪

九十九曲りして上る峠には、千本桜があったのですね。
吉野山(奈良県)の千本桜は、
その大半が「シロヤマザクラ」のようですが、
九十九曲りの千本桜は、はたして、どうなのでしょうね。

きっと「一心行の大桜」は、吉野山と同じ「シロヤマザクラ」でしょう。
“菜の花と桜”がマッチする風景は、とても心地よく、私も大好きな“春の風景”です…p(^_-)-☆

Grayman returns #s2PTBPs6 | URL | 2012/04/17 19:59 * edit *

Re: Grayman returnsさんへ

こんにちは、Graymanさん

タイトル、お借りしました~(^▽^)
ありがとうございました。

高森の千本桜は、私が見たかぎりでは殆どソメイヨシノです。
吉野山の「シロヤマザクラ」、いつか機会があれば
見てみたいです。
ソメイヨシノとは全然違う美しさなんでしょうね・・・

コメント、ありがとうございました。

いちこ #- | URL | 2012/04/18 16:29 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://itikoxtupi.blog130.fc2.com/tb.php/293-182f4d35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。