空をみあげて 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

島旅 ⑧~奄美への想い~ 

11月9日~11月11日 念願の奄美大島へ行ってきました!

与論島の小さな飛行場から約40分で奄美大島へ到着。想像していたより大きな飛行場でびっくり!

まずは雨がお出迎え。

この日の宿は11月2日に大雨で被害が出た瀬戸内町にありました。

あちらこちらで土砂崩れの復旧作業が進んでいましたが、瀬戸内町に入った頃から

いよいよその被害の凄まじさに、どれだけの大雨だったのかと絶句!

雨に浸かった家財道具が山積みにしてある光景があちらこちらにあって胸が痛みました

とりあえず車が通れる位にはなっていましたが、復旧は更に進んでいますでしょうか?

あれから一ヶ月。とても気になります。




奄美ー1

二日間、本当によく雨が降りました。半端じゃない降り方です。

話には聞いていたけれどこれが奄美なんだ!

島全体が雨と湿気でムンムンとしているような、そんな自然のエネルギーを感じました。

2日目に加計呂麻島に渡る予定でしたが悪天候のため、とり止め。その代わりに

奄美に来たら絶対に訪れたかった所を見てきました。


奄美ー2

「西郷南洲謫居跡」




奄美ー3

↑「田中一村 終焉の家」。

奄美パークでは、一村の絵画を見てきました。わたしもいつか一村が描いたような

自然風景を写真に撮れるようになりたいなぁ~

一村が描いた奄美の自然、強く惹かれます。




奄美ー4

「大島紬村」 泥染め風景

ヒカゲヘゴの大きさにびっくり!まさに奄美!!




奄美ー5

手織り風景・・・  見ていて気を失いそうになりましたよ。

ものすご~い緻密な作業と費やす時間の長さ!

わたしなんか何十年修行を積んでも、できないだろうなぁ。

大島紬一番の特徴は、先染めによる細かいかすり(点)で柄を表現していることですが

神業です。




奄美ー3

テーチ木(車輪梅)染めをする工房

詳しくはコチラへ



奄美ー1

↑ 「奄美きょら海工房」で食べたピザはとても美味しかった~ ピザ自体は珍しくありませんが

何といっても店員さんの接客態度が大変良くてですね・・・・これはこのお店だけではなく

奄美大島の何処へ行っても感じた事なんです。きちんとした仕事ぶりに非常に好感をもちました。

それと食べ物の美味しさも記しておきたいと思います。郷土料理に限りません。

例えば宿の朝食バイキング。

何処の宿もそれなりそこそこですが、奄美大島の宿は違っていました。何もかも美味しい♪





きょら海工房からの景観です
                            
                    奄美ー2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回、奄美へ行って感じた事。
自分は何にも奄美(喜界島・徳之島・沖永良部・与論などの諸島を含む)の歴史を知らなかったんだな
という事。
「琉球でもない、大和でもない」と疎外された長い苦難の歴史があること。
黒糖を作らされ奪われ、黒糖地獄だった事。
その他多すぎてここには書ききれませんが。

年配の奄美の島人が「自分達の口には、黒糖はこれっぽっちもはいらなかった」と言われた事がきっかけで
今、奄美(諸島)の歴史の本を読んでいます。
あれ程の事があったのに、ずっと静かな島として私の中にあった奄美ですが
沖縄民謡とは違う、どこか哀しげな島唄が「奄美を知ってほしい」と囁いていたのかも・・・

でも暗い歴史とは反対に
亜熱帯の自然の豊かさに島の人達は守られてきたのではないだろうか・・・
と、心の中でもう一回奄美を旅しております^^



人気ブログランキングへ
おつきあいくださいまして、ありがとうございます!








関連記事

この記事に対するコメント

パソコンの前で、私も、一緒に旅しました。(^^)
すばらしい情景、ありがとうございます。
西郷、、、は、西郷隆盛が、島津藩から、
一時、流された場所ですね。
奄美大島、抑圧の歴史が有ったのですねえ。

om4ti #- | URL | 2011/12/09 18:51 * edit *

おはようございます。
島の旅。
いちこさんの旅は、とっても素敵でしたね。
日本の国でありながら、知らないことがいっぱいの
奄美、沖縄地方。
私は、どちらも行ったことがありませんが、
華やかな観光スポットだけでなく、
しっかりと土台のところを学ばれている姿に感銘を受けました。
美しい風景の中に隠れた歴史。
どこであっても、その両方を知ることって大事だなと思いました。
p☆。

☆takasegawa☆ #Wf3tz.Uo | URL | 2011/12/10 09:08 * edit *

さをり織りの先生から聞いてる奄美の人達の事
苦しい過去の暮らし・・・なんとなく繋がりました。
豊かな自然に癒されていたのかもしれませんね。。。

先生は電気・ガス・水の無い暮らしをしたそうです。
その中で水の無い事が一番辛かったそうです。
「みんな貧乏だったから、有る物を分け合ってたし・・・無いという事を意識しなかったけど、こっちへ帰って来たら貧富の差を物凄く感じる」と言われて居たのが心に残って居ます。

メルロン #ugHYyHaM | URL | 2011/12/10 13:06 * edit *

Re: om4ti さんへ

おはようございます、om4tiさん♪

om4tiさんにも島の旅をしてもらえて
わたしも嬉しいです^-^
はい、西郷隆盛についてはその通りですよ。
この年になって知らない事ばかりで・・・
奄美の事はもっともっと知りたいと思います。
ありがとうございました。

いちこ #- | URL | 2011/12/11 10:47 * edit *

Re: ☆takasegawa☆さんへ


こんにちは、takasegawaさん♪

いえいえ、本当に恥ずかしいかぎりです^^;
何も知らずにいました。
鹿児島に住まなければ、たぶん奄美については知らないままでいたと思います。
重い部分を書くのはいかがなものかと思いましたが
やはり知って欲しくて書きました。
読んでくださってありがとうございます。嬉しいです^-^

いちこ #- | URL | 2011/12/11 10:56 * edit *

Re: メルロンさんへ

こんにちは、メルロンさん♪

先生はお若い方でしたよね?
そんな方でも苦しい生活をしておられたのですね。という事は、
遠い昔の話ではないという事ですよね。
先生のお言葉は重いですが、しっかり胸に刻んでおきます。

奄美で出会った食材の中で、
ナリ味噌(蘇鉄の実と玄米、大豆で作ってあります)がとても美味しかったのですが、
お米を作る事を禁止されていた時代には、この蘇鉄の実で飢えを凌いだという事を知りました。

記事にも書いたんですが、本当にきちんとした仕事をされる方が多くて、
きっとメルロンさんの先生も素晴らしい方だろうな~ぁと想像しています^-^
ありがとうございました。

いちこ #- | URL | 2011/12/11 11:25 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://itikoxtupi.blog130.fc2.com/tb.php/263-57a30701
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。