FC2ブログ

空をみあげて 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

島旅 ⑦~与論島~ 




今日から12月ですね。 昨日の鹿児島は半袖で過ごせる程の陽気でした。

北の地方の皆さんの雪化粧をした山の写真や、美しい紅葉写真に見惚れる今日この頃です(ないものねだり?)



さて今回の島旅。 お父さん(=夫)が勤める会社より、勤続30年のお祝いとして

旅行券をいただいたおかげで行くことができました。

鹿児島へ移り住んで以来、南西諸島の事をもっと知りたい!という気持ちが強くなりました。

そんな夢をお父さん&会社のおかげで実現でき、ほんとうに感謝です。

ただ、宿などを決めるのは旅行会社の方にお任せ状態だったので、

次に行く時はもっと濃い旅をしたいな。


・・・というわけで、旅行会社の若い女性従業員さんのおかげで(笑)

こんなに素敵なリゾートホテルに泊まる事ができました。

「プリシアリゾートホテル」です。おじさん、おばさんには眩すぎました。

自分達で宿を決めていたとしたら、縁がなかったと思います。そう思うと貴重な経験?

プリシアー2




どこまでが建物でどこからが空なのか?

「2001年宇宙の旅」のラスト近くのシーンを思い出しました。

なんか無機質的なんですよね。

プリシアー3





プリシアホテルのプライベートビーチ

プリシアー5





ここで一人、本を読んでいる若い男性がいて、とても絵になっていたのですが

写真を撮る勇気がありませんでした。かっこよかったなぁ

読んでいる本は、何故か村上春樹のような気がしました

プリシアー6





この日も夕焼けは見れずじまい。

雲がなければ最高のロケーションだったはずですが


プリシア

2日間滞在したプリシアリゾートホテル。

一人旅をしている人が何人もいた事には驚くと同時に、何故か嬉しい気分に。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


島の暮らしからかけ離れたようなリゾートホテルがあるのも与論で、

錆びついた軽トラで海へ向かい、また農作業に出かける人が住むのも与論でした。

この島では立派な車は必要ないだろうな、と思います。

何処に住んでいてもこの小さな島だと、潮風で錆びてしまいますから。

本当の豊かさって・・・? そんな事を考えたのでした。

与論・海ー1






ヨロン島ー1




夢のような「ヨロン駅」

ここで大きな出会いがあったのですよ。また後日、書きたいと思います。

ヨロン駅


人気ブログランキングへ
おつきあいくださいましてありがとうございます!
関連記事

この記事に対するコメント

おはようございます。
南欧の、どこかのホテルみたいですね。
いいなあ~(^^)
会社の福利厚生で、こんな旅行をしてくれるなんて、
いい会社だなあ~。
与論島って、名前しか聞いたことなかったんで、
写真で楽しめて、ありがとうございます。
本当に、素敵な場所ですね。
人生の御褒美ですね。

om4ti #- | URL | 2011/12/02 06:03 * edit *

Re: om4ti さんへ

こんにちは、om4tiさん♪

そうですね、プリシアだけ見ると外国のようですよね。
でも一歩外へ出ると、島の人の素朴な暮らしが対照的に思えます。
映画「めがね」で、与論島の景色楽しめると思いますよ^^

人生のご褒美。いい言葉をいただきました。
私が横取りしてしまったような気もしますが~^^;

いちこ #- | URL | 2011/12/02 11:44 * edit *

おはようございます^^

雨が上がりました^^
いちこさん地中海へも行ったのかと思いました^0^

私も一人でここへ行きたい!絵に成らないけど^m^

雲がある方が好きです。。。現実って感じがするからかしら・・・

夢のような空間と生きている営みの距離が近いんでしょうね。

メルロン #ugHYyHaM | URL | 2011/12/03 07:54 * edit *

Re: メルロンさんへ

こんにちは、メルロンさん♪

私たちも全く絵になりませんでしたよ(^▽^)
一人で来ている若い人も、そして一人で来ている
中年女性も見かけました。
その人にどんなドラマがあるんだろう?
ここに来て何を想うのだろう・・・
小説のように妄想を膨らませてきました^^

こちらも雨があがりました。
少し寒くなりましたよ~

いちこ #- | URL | 2011/12/03 10:50 * edit *

こんにちわ 勤続30周年のお祝いにプレゼントされた旅でしたか
そういう事がある会社だと若い人も務め甲斐がありますね~
あの~ピラミッドの平らな板には登れるのですか?
すっ すごいホテルですね~ 日常からかけ離れた世界だ。

昔 ラジオの天気予報で聴いた「与論島 風力ゼロ」とか
聞いた気がします  数字は適当(苦笑)

鹿児島への帰途は嫌だったでしょうね~ 
「終ったね~  家に帰ろう」 次は勤続50周年? いくつだ(笑)
さすがに無理か~  金婚式ができたらそれはとても幸せだ。

モズライト #5zjWDM/s | URL | 2011/12/03 12:53 * edit *

こんにちは。
勤続30年、とても素敵なプレゼントでしたね。
お写真を見せていただいて、
日本の国ではない気がしました。
ヨーロッパのリゾート地での白い建物みたい・・・。
空の青色と綺麗に溶け込んで夢を見ている気がします。
小さな国、日本ですが、いっぱい知らないところがあることまた発見です。
漁船のお写真で日本の香りがしました。
南の島、まだまだ未知の世界で、いちこさん同様、もっと知りたくなりました。 p☆。

☆takasegawa☆ #Wf3tz.Uo | URL | 2011/12/03 16:36 * edit *

そういう旅行でしたか

「リゾート」「楽園の島」・・・そういう
ことばで一時的な厭世生活 非日常を満喫させる商業が
たくさんありますね


それを活用することはまったく否定しませんが
そこでの日常的な暮らしが ほんとうに豊かであるのが
いいですね ちょっとことば足らずでごめんなさい

いちこさんがこの風土をしっかり味わうには 無機質な建物じゃ
物足りませんね(笑)

みんこ #- | URL | 2011/12/03 17:33 * edit *

私が与論島に行ったのは ほぼ40年前
懐かしいですね。
脳裏に焼き付いている与論は、「錆びついた軽トラで海へ向かい、また農作業に出かける人が住む与論」です。
民宿だけで、ホテルはありませんでした。ホテルの送迎も、軽トラ、軽トラの後ろの乗って…本当は違反なんですよね。
旧の3月には、サンゴが露出する大潮があって、魚やとげのないサザエが獲れ放題・・。
夜、ラーメンを食べに食堂へ行くと、なんと日清のチキンラーメンに湯を入れたものが出て…。
でも、滅茶、楽しかったですよ。懐かしい・・・ありがとうございました。

ヒロ #- | URL | 2011/12/03 18:21 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2011/12/06 16:56 * edit *

Re: モズライトさんへ

こんにちは!モズライトさん♪

PCの具合が悪かったりでお返事が遅れてごめんなさい~

ピラミッドには、登ってみようとは思いつかなかったので、
多分登れるような感じではなかったかと思います。
あの下はプールになっていたのかな~?
金婚式に又行けたらいいな♪その時に確認できれば・・・(笑)

鹿児島へ帰る=現実に戻るのは嫌ではありませんでしたよ。
またいつか行こう!という気持ちでした^-^

いつもありがとうございます

いちこ #- | URL | 2011/12/09 11:35 * edit *

Re: ☆takasegawa☆さんへ

こんにちは、takasegawaさん♪

お返事、遅くなりました~ごめんなさいm(*- -*)m

この建物を見ていると日本ではないみたいですよね。
でも、一歩外へ出れば長閑な小さな島でした。
綺麗な海に囲まれているのですが、それ以外は何もない島。
でもそこが魅力的に思えます。

私も知らない所だらけで、行きたい所もたくさんです。
お互い少しづつでも見ていけるといいですね^-^

P、ありがとうございました

いちこ #- | URL | 2011/12/09 12:46 * edit *

Re: みんこさんへ

こんにちは、みんこさん♪

お返事が遅くなりました、申し訳ありませんm(*- -*)m

そうなんです、リゾートという言葉にどうしても抵抗があります。
「南国のリゾートアイランド」と言ってしまえば
私には違う与論島になってしまいます。
その辺を文章で表現できないのが、哀しいですね(涙)
でも、なんとなくみんこさんは感じていただけたようで、嬉しいです。
ありがとうございました!

いちこ #- | URL | 2011/12/09 13:01 * edit *

Re: ヒロさんへ

こんにちは、ヒロさん♪

与論島には一ヶ月ほど滞在されたのでしたよね。
40年前といえばかなり昔ですが(すみません)、
鮮明に覚えていらっしゃる思い出話し、こちらまで楽しい気分になりました~^^
リゾートホテルは建ったけれど、島の人の暮らしは
40年前とあまり変わっていないような気がします。
茶花の建物もヒロさんが訪れた当時から、そのままなんじゃないかな~

素敵な思い出をきかせてくださり、ありがとうございました!
お返事が遅れました・・・すみませんでしたm(*- -*)m

いちこ #- | URL | 2011/12/09 13:12 * edit *

Re: 鍵コメさんへ

こんにちは♪

ウナヅキヒメフヨウ・・・控えめな感じで、素敵な名前です!
あれ以上開かないなんて勿体無いですよね(笑)
開くとどんなに綺麗でしょうね。

教えてくださってありがとうございます。
アブチロン同様、この名前も忘れないと思います^-^

いちこ #- | URL | 2011/12/09 13:16 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://itikoxtupi.blog130.fc2.com/tb.php/262-0f809d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。