空をみあげて 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

島旅 ⑥~与論島・海~ 





11月7日~11月9日 与論島へ

沖縄まで23km 奄美諸島最南端の小さな島

人が約5500人 牛が約5000頭住むという、とても小さな島です

島の周囲は約22km。小学校が3つ 中学校が1つ 高校も1つ


残念な事に2日間ともお天気が悪く、青い海を見る事ができませんでした。本当に残念!(涙)




与論・海ー1



寺崎海岸

映画「めがね」のロケ地だそうです



与論・海ー1




あ~・・・空が青ければ、晴れていれば・・・と、そればかり




与論・海ー2





サンゴの欠片をよくよく見ると、

動物のように見えるのです

与論・海ー3





一番、与論の海らしく写った兼母海岸

こういう時は何故かコンデジが大活躍

与論・海ー2





生前、与論をこよなく愛した女流作家、「森 瑤子」さんのお墓があります

海を見ながら執筆したのでしょうか。それにしても52歳で永眠とは。。。若すぎます。。。


与論・海ー4





夕方前、少し薄日がさしてきました

海の向こうに薄っすらと島が見えました

もしかしたら、沖縄でしょうか

与論・海ー5
(赤碕海岸)

沖永良部のお天気が素晴らしく、テンションが上がりっぱなしでしたので

与論島では少し抑え気味に。

お天気に左右されるなんて、人間らしいなと我ながら思いました^-^



人気ブログランキングへ
おつきあいくださいまして、ありがとうございます!
スポンサーサイト

島旅 ⑤~沖永良部のサトウキビ畑~ 






朝焼け

11月7日   沖永良部「フローラルホテル」から見た朝焼け

前日は夕方から小雨がぱらつき、夕焼けを見る事ができなかったので

こうして朝焼けを見る事ができたのは、本当に嬉しかったです







フローラルホテル

宿を出発する頃には、見事な青空!

しばし見惚れる






さとうきび畑ー1

沖永良部で出会った風景・・・・美しい海と深い緑

そして忘れられないのが、サトウキビ畑と赤土です






さとうきび畑ー2

サトウキビは一年半、土地を寝かせれば又植え付けられるそうです

島の人が教えてくれました

大きく育ったサトウキビと、植え付け間もないサトウキビと

両方を同じ時期に見る事ができます

これも温暖な気候のおかげなんですね






さとうきび畑ー3

今回の旅の途中に買った「奄美自立論」という本によると

黒糖を作るのに欠かせない石灰(硬さ・甘さを決めるそうです)が市販される前の時代は

サンゴが使われたそうなんです

サンゴと黒糖の意外な関係を知る事ができました





そして、沖永良部ともお別れ・・・

大地-1







また、小さな飛行機に乗り込み与論島を目指します

飛行機






赤土の大地、赤土とサトウキビの島「沖永良部島」

大地ー2


(続く)

人気ブログランキングへ
おつきあいくださいましてありがとうございます!



島旅 ④ ~沖永良部の緑~ 




11月6日~11月7日

沖永良部島で撮った写真の中から、「緑」を集めてみました。

年間平均気温22℃という温暖な気候。

熱帯、亜熱帯の植物は日ごろ目にする事がないものが多いので

あぁ、南国にきたな~と思わせてくれたのでした~





緑ー1

昇竜洞(サンゴ石灰岩の鍾乳洞)へ向かう店の扉からみた光景

大好きな田中 一村の絵を思い起こさせる、そんな光景





緑ー3

無数の蝶が飛び交って、しかも凄い速さ。 そして

聞いたことがないような虫(蝉?)の鳴き声がする中、

ぼ~っとして佇んでいると、「いったい此処は何処?」状態でした。

植物の名前はゆっくり調べたいと思います。

全然先に進まないので・・・(笑)





緑ー9





昇竜洞に入って外を見たところです

緑ー5






神秘的でしたよ!

でも、エイリアンを思い出す場面が何回もあって、ゾゾ~ォ

緑ー6






その昇竜洞を出た瞬間も こんな光景に圧倒されたのでした

緑ー7




昇竜洞の周りを手入れしている方が、話しかけてこられました。

とっても気さくなおじさんで・・・

(この方に限らず沖永良部の人たちはとても話好きで、人情味溢れる方ばかりでした)

見ての通り↓、この時期でも新芽が芽吹くんだよ。そう教えてくれました。

おじさんは長い間、大阪に住んでいらっしゃったそうです。

この島での生活、一体どんなものなんでしょう?

季節のメリハリがないのはちょっと寂しい・・・その言葉が印象的でした。

でも、ずっと島に住んでいる方たちは、そうは感じないのかもしれませんね。



本当に新芽が綺麗でしたよ

緑ー8






国頭小学校にある「日本一のガジュマル」 113歳

緑ー2






ちょっと光線を変えて・・・

緑ー10

(続く)





おつきあいくださいましてありがとうございます!
人気ブログランキングへ

島旅 ③ ~沖永良部フーチャ~ 






11月6日・沖永良部島

エメラルドグリーンの珊瑚の海を後にして、フーチャヘ。



  
フーチャ-1

見渡す限り、海、海、海。

これ程の深い青を見るのは、生まれて初めてかも。





フーチャー2

サンゴ岩群に打ち寄せる波もブルー





フーチャー3

釣り人がたくさんいました。

そして親切なおばあちゃんが教えてくださいました。

「この辺はウミガメがよく来るんだよ。ぷか~っと息継ぎに顔を出すから見ててごらん」



フーチャー2

目を凝らしてしばらく海面を見ていたら、

あ、ウミガメ!可愛い!! と、大感激でした。

釣り人は・・・「ウミガメが来たなら、魚は釣れないね~」ですって。




フーチャー4

海から険しくそそり立つこの場所では、思わず足が竦む事も。

お母さん 「うわ~!怖いねぇ」

女の子 「そんなに怖いんだったら、早くお家へ帰ろう」

そんな会話が聞こえてきました^^


フーチャー6

この黄色い花は、今回の旅の間、あちらこちらで見かけました。





フーチャー5

↑ フーチャ

写真を撮るのは、とても勇気がいりました。怖かったです。

私の下手な写真では、その恐ろしさを伝えるのは、ちょっと(いや、全然ですね)無理みたいです。



【 フーチャ 】

フーチャとは、隆起サンゴ礁が荒波で侵食されてできた「潮吹き上げ洞窟」の事です。

季節風や台風時には20~70メートルも潮を吹き上げ、天高く飛び散った水滴が雲霧状となって

農作物に大きな被害をもたらしたため、昭和38年、4箇所のうち3箇所を爆破しました。

被害の少なかった現フーチャだけが観光資源として残されています。

「飛び立つ波は8丈余、国頭フーチャ・・・の奇観」と昔の人が歌ったように

潮吹き上げの様は壮観です。

(フーチャにあった看板より)

続く・・・


おつきあいくださいまして、ありがとうございます
人気ブログランキングへ

島旅 ② ~沖永良部の海~ 



11月6日

沖永良部空港から少し車で走ると、海がいきなり姿を現しました。

本当にいきなり! でも、島の周囲55・8kmですから

少し走れば海に出会うのは当然なんですよね。

海ー8






はやる気持ちを抑えながら、海岸へ

海ー9



感激!!



海ー10




珊瑚礁の海です



海ー11







白い砂浜がまばゆい

海ー12





珊瑚の粒たち

海ー5





沖永良部は隆起サンゴ礁の島です


海ー13

侵食されたサンゴ礁岩群の姿は迫力がありました

どのくらいの年月をかけて、今の形になったのか・・・

気が遠くなるような・・・



今日は海、また、海の写真でした。

続く・・・





おつきあいくださいましてありがとうございます
人気ブログランキングへ

島旅 ① ~沖永良部へ~ 







11月6日~11月11日
奄美群島を旅してきました

まず初日、鹿児島空港を出発して鹿児島県の奄美群島の一つ、沖永良部島へ!
鹿児島市から南へ約546km。
鹿児島空港を発つ時は、空は厚い雲に覆われていましたが
南下と共に少しづつ雲の切れ目から、海が見えるようになりました。


屋久島

機内からの写真です。
屋久島です。
オレンジに光るのは、朝陽??




奄美大島

トカラ列島の上空も過ぎ、奄美大島の大きさにびっくりしつつ・・・
写真は奄美大島のすぐ南、加計呂間島と思われます。




徳之島

沖永良部島が近づいくるにつれ、飛行機の高度も下がり
徳之島が眼下にはっきりと見えました。
徳之島といえば、泉重千代さんを真っ先に思い浮かべます。




沖永良部空港ー1

その後、あっという間に沖永良部空港に着陸。
こんなにちっちゃな飛行機に乗ってきたんですよ。
離陸するときはガタガタと振動が凄くて、本当に飛ぶんだろうか?と
少し不安になりました~


沖永良部空港ー2

小さくて可愛らしい(?)沖永良部空港



真っ青な空とサトウキビ畑がお出迎えです。
とても蒸し暑くて、長袖のTシャツを脱いで、半袖に。

沖永良部島-1

続く・・・・


暫く更新できませんでしたが、その間に訪問くださった方や
コメントをくださった方々に感謝いたします


人気ブログランキングへ

散歩道より 






熊本へ帰ってきています

いつもの散歩道の風景を撮りました

散歩道ー1




青空とススキが とってもキレイでした

散歩道ー2



逆光で撮るのが好き

でも、これは失敗?でもでも自分がよいと思えばそれでよし!ですね(笑)

散歩道ー3




区切り



同じくいつもの散歩道で

いつもここから夕景を撮ります

大好きな、大きなせんだんの木と一緒に空を撮るのが好きです

散歩道ー2






今日も無事に一日が終わることに感謝

散歩道ー5葉っぱ







太陽も沈み、雲も色褪せていく空を仰ぎ見ると

小さく小さく、月が見えていました

散歩道ー9





奄美大島~沖永良部島~与論島へ5泊の予定で行ってまいります

また戻ってきたら、写真を載せたいと思います

暫くブログから離れますが、又、帰ってきましたらよろしくお願いします

寒暖の差が激しく、体調をくずしておられる方も多いようですね・・・

どうぞ皆さま、ご自愛くださいね

(お返事を書けないと思いますのでコメント欄を閉じています。申し訳ありません m(__)m )


いちー1

 ↑ 猫は熊本の家で娘とお留守番です おりこうさんにしててね♪ 



ご訪問いただいて 幸せです(^-^)
人気ブログランキングへ
thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。