空をみあげて 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

台風が去って 






散歩


台風が去って、毎日空を覆ってきた雨雲が姿を消し

青空が戻ってきました。

外の光に導かれて、コンデジ(OLYMPUS XZ-1)と共に

久しぶりの散歩。




散歩ー4





あちらこちらの庭先の紫陽花が、色づいてきている・・・もうそんな季節なんだ。

庭先から顔を出したこちらは、山紫陽花のようですね。それにしても空が眩しいな。

散歩ー1





雲がどんどん流れていく。

散歩ー2





あ、猫さん。こんにちは~!  やっぱりかごっまの猫は強面のような・・・?

猫さん





家に戻ると我が家の猫から「自分だけ何処行ってた!?」

咎めるような目をむけられました。その手は、まさか、猫パンチをしようなどと・・・?

いち





それにしても・・・

窓





夕方になってもいつまでも陽が落ちないような、そんな一日でした。

6月22日が夏至なんですね。

夕暮れ

みなさんのお住まいの地方は、台風、大丈夫だったでしょうか?




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

The Horse Whisperer 





岬馬




都井岬の岬馬の親子  そっと寄り添いあう姿が優しい気持ちにさせてくれました





岬馬ー1




・・・・・・・・・・・・・

桜島とオートバイ

桜島






桜島フェリーに乗って帰途へ  今回の旅の終わりです

桜島ー1


今回のツーリングコース

【第1日目】

自宅~鹿児島北IC~九州道~溝辺鹿児島空港IC~国道504号~県道56号(隼人加治木線)~
国道223号~霧島温泉郷~県道1号~えびの高原~えびのスカイライン~小林市~
国道268号~白藤のお庭~宮崎市~国道10号~国道220号~堀切峠~日南フェニックスロード~
国道448号~県道36号~都井岬  
(走行距離 おおむね200Kmくらい)

【第2日目】

都井岬~国道448号~志布志~県道63号~県道71号(垂水南之郷線)~国道504号~
県道71号~大隈湖~国道220号~道の駅垂水~県道22号~鳥居埋没地~昭和溶岩~
桜島港~桜島フェリー(610円 650cc+大人二人)~鹿児島港~自宅  
(走行距離 おおむね200Kmくらい)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その昔(?)、街の文化会館で観た映画、「The Horse Whisperer」を思い出して

タイトルにつけてみました。邦題は「モンタナの風に抱かれて」

The Horse Whispererとは、馬に囁く人という意味だそうです。

馬に囁く人を演じたのはロバート・レッドフォード。いい映画だったな~



都井岬の野生馬、岬馬と呼んでいるようですが、地域の人に見守られて

生まれてから一生を終えるまで、自由なんですね。繁殖も自然に任せている。

家族で群れをなし、民家の庭先にも馬は自由にやってくる。

共存共栄、なんて素晴らしいんだろうと感激しました。こんな世界もあるんだ。

人間の都合優先ではないこの静かな空間は、癒しそのものでした。

PHOTO MIYAZAKI 宮崎観光写真さんによりますと・・・

【御崎馬(岬馬)の由来】
都井岬の御崎馬は長野県の木曽馬や北海道の道産子などと共に日本在来馬とも言われ、今から約2000年も前の縄文時代後期から弥生時代中期にかけて中国大陸から導入された馬が、その起源とされております。

高鍋藩秋月家は、江戸時代の元禄10年(1697年)に日本書記の中の歌にも詠まれた日向の駒を集めて、今日の串間市を中心に7ヶ所の藩営牧場を作り、軍馬や農耕馬の生産に励みました。この7牧の一つ都井村御崎牧が今日の御崎牧場です。
以来ここで生産される馬は御崎馬(岬馬)と呼ばれる様になりました。

御崎馬は牧場開設当初から、ほとんど人手を加えない粗放な監理しか行われず、廃藩後の明治7年、都井4組及び宮の浦を一団とする御崎牧組合の共有牧場となった後も、その粗放な飼い方が続けられてきました。そのため御崎馬の風貌や習性あるいは体系や資質は野生状態を思わせます。これが「都井の野生馬」といわれる所以でしょう。そしてそれ故に昭和28年には「自然における日本特有の家畜」として国の天然記念物に指定されました。 
 [御崎馬の由来:都井岬牧組合発行パンフレットより引用]

機会があれば、また訪れたい土地です。




おつきあいくださいましてありがとうございました。

人気ブログランキングへ

夕日とオートバイ 



夕日ー6

(前回の続き)
熊本を離れて以来、一度も夕焼け写真を撮ることができなくて、くすぶっていましたが・・・。


野生馬で有名な宮崎県・都井岬の夕景です。

久しぶりに心ゆくまで夕景に浸ることができ、本当に嬉しかったです。







夕日







夕日ー5

嬉しすぎて、写真を撮りすぎて、選ぶのに苦労しました。枚数が多くなりますが・・・






夕日ー3







場所を変えて撮った写真です↓

夕日ー8






自然が見せてくれた神秘に感謝します。

夕日ー9

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日は、と或る民宿に泊まりました。宿の奥さんの心のこもった料理をいただいていますと

なにやら厨房から明るい声が・・・。連休なのでご家族が戻ってこられたのでした。

福岡から息子さん。宮崎市内から娘さん一家。関東から娘さん一家。

宿の奥さんの喜びが、じんわりとこちらまで伝わってくるようで、温かい気持ちになりました。

関東の娘さん一家(小さな子どもさんがいます)は、こちらに移住されるそうです。

震災で娘さんのご主人の仕事が立ち行かなくなり、加えて原発災害を危惧された宿の奥さんが

呼び戻したという事を話してくださいました。娘さんの知人も一緒に移住されたようです。

思わされました。3・11を境にして、どれだけの人々の生き方が変わってしまったのかと。

でもこうして帰れる家(故郷)がある人は、幸せです。大多数の人が今の環境を替える事はできない。

自分と家族の身は自分で守っていくしかない時代になってしまいました。

原発事故後しばらく関東に居たので、とにかく情報を集めまくって、良さそうな事は実践してきました。

とろろ昆布から始まって、玄米・発酵食品・スピルリナ・水道水は汲み置きして炭を入れる。など。

今、乳酸菌に注目しています。



鹿児島に居るからと、安心は全くしていません。

どれだけ放射能が垂れ流し状態になっていて、日本中に拡散しているかは

自分で集めた情報で想像していくしかありません。本能的な勘を信じています。


アナログ世界に移り住まれた、「はなさかすーさん」のブログ

玄米の事等が書いてありましたので(すみません、はなさかすーさん。無断借用です)

時々読み直しては、忘れないようにしています。つい、楽な方へ流されてしまいそうになります。

興味がある方は↑クリックして見てみてくださいね。


人気ブログランキングへ







日南の青い空・広い海 





日南海岸

(前回の続きです)霧島を抜け、宮崎県へ。

日南市の「日南フェニックスロード」を気持ち良く走っていると、

こんな光景が見えてきました。日南海岸「鬼の洗濯板」です。

堀切峠付近の「道の駅フェニックス」にオートバイをとめ

最高のロケーションを見てきました。 







日南海岸ー3

大きなフェニックスと青い空、広い海(日向灘)がお出迎えです。







日南海岸ー4

いつもこんな穏やかな海であってほしい・・・

人々の眩いばかりの笑顔を遠くで見ながら、そう思ったのでした。








風力計

(次回へつづく・・・)


人気ブログランキングへ

新緑とオートバイ 







新緑

風薫る 新緑と オートバイ

夫と4月末に一泊タンデムツーリングへ行ってきました







新緑ー1

新燃岳の麓、霧島のキャンプ場で一休み

八重桜の花が敷き詰められた、自然が織り成す絨毯







新緑ー2

足元の小さな草も 若葉







新緑-4








新緑ー5







休憩していると、色んな人が声をかけてくれます

ここは宮崎。 うちの白藤が見事に咲いているからと招き入れていただいた庭先

オリンパスブルーを引き立ててくれた、白藤でした

新緑ー6



人気ブログランキングへ

ぶらり 長崎鼻 




ゆっくりとパソコンに向かう時間と、心の余裕がなかったため

本当に久しぶりの更新になります。

薩摩半島の最南端にある岬、「長崎鼻」をぶらっと散策した時に

目に留まった風景です。駆け足になりますが、ご一緒にどうぞ。



その2







その1-1

亜熱帯植物群が生い茂り、熱帯ジャングルを再現したという「長崎鼻パーキングガーデン」

その入り口にいたインコの誘惑に負けそうになるが、時間がなかったので先へ







その3







その4

美ワンコ発見!  緑の風がキレイな毛並みを すーぅっと撫でていくようでした






その5

見つけた~「おいどん」!!・・でも、シャッターが閉ざされていた・・もう、ずっとなのかな~ぁ






その6

観光客相手の店が立ち並ぶ  店の名は「アロハ」






その7

ハーブ「ボリジ」の紫の花が咲いていました 憂鬱な気持ちを取り払ってくれる花だとか・・・

ワインに浮かべると、花の色が変わるそうなので試してみたい







その8








その10

白亜の薩摩長崎鼻灯台







その11

東シナ海と開聞岳







その12

風光明媚という言葉がよく似合う光景

そして焼酎「さつま白波」を思い浮かべたのでした



人気ブログランキングへ










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。