空をみあげて 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

熊本「さくら紀行」 友人編 







4月12日  南阿蘇久木野の観音桜

観音桜ー4

久し振りに会った友人と共に、南阿蘇久木野方面へ向かう途中
「観音桜 満開」という立て看板に導かれて、初めての対面

阿蘇外輪山のなだらかな牧草地に、見事な桜の木がぽつんと立っていました
知らなかったなぁ、こんなに美しい桜が在ったとは




観音桜ー2

おそらく地元の人や写真好きな方は、ずっと以前からご存知だったに違いない
テレビで紹介されたのがきっかけで、訪れる人が増えたようです
囲いや支柱はそれまではなかったそうです

数人の方のブログで、“孤高の大桜”と言われていた頃の写真を見ました
素晴らしかったです!
囲い等ができて、とてもがっかりしておられると思います
私ももう少し早く、出会いたかったな

人の思惑には関係なく、来年も来来年もその後もずっーと
花を咲かせてほしい






観音桜ー3



阿蘇山とカルデラ、最高の場所です

                           
                        
観音桜ー5







ヤマザクラー1



観音桜だけではなく、どの桜も美しかった


                         
ヤマザクラー2






                          
タンポポー1






タンポポー2


その後は、南阿蘇から北阿蘇へぐるり


根子岳をバックにした畑には一面タンポポ!こんなにたくさんタンポポが咲いているのを
見たのは初めてです
いつまでも残って欲しいです、このような風景






「さくら紀行」の最後は、3月末に撮ったオオシマザクラ(鹿児島県指宿市にて)
花と葉が同時に開くこの桜も、とても好きです

オオシマザクラー2







スポンサーサイト

熊本「さくら紀行」 娘編 


4月9日   熊本県阿蘇郡高森町 高森峠・九十九曲り千本桜

千本桜ー1

この日の千本桜は、麓では五分咲き。峠の頂上付近は固い蕾でした

若い頃は、クネクネとしたヘアピンカーブをバイクでひたすら走り、

高千穂をめざしたものです。あんなに遠かった場所が嘘のように近くなるというのは、

不思議な感触です

この高森峠もすっかり観光地になってしまいました(昔は車とすれ違うのも稀だった)





田楽の里ー1

阿蘇高森「田楽の里」で、娘と一緒に田楽料理をいただきました





その後は「白川水源」へ 

こちらの桜は満開でした

白川水源ー3










土産物店の風景   熊本らしいでしょう?

白川水源ー1






すぐ近くの「阿蘇白川駅」  

あまりに長閑な風景で、思わず車を停めました

天気のおかげでしょうが、時間の流れがゆっくり

保健室でうつらうつらしながら、校庭から聞こえる声が遠のいていくような、

そんな時間に似ています。これも昔の話。

白川駅ー1白川駅ー2

銅像は誰なのか、確認するのを忘れてしまいました

ネットで調べればすぐにわかるのでしょうが、わからないままにしておきます








次は南阿蘇村中松「一心行の大桜」

どちらかというと白に近い花をつける、ヤマザクラです

一心行ー2






平日でしたが、この日も大勢の観光客が訪れていました

一心行ー3





樹齢は400年くらいだそうです

(1580年に薩摩の島津氏との戦いで矢崎城(宇土郡三角町)で戦火に散った、

峯伯耆守惟冬(みねほうきのかみこれふゆ)の菩提樹との事)

一心行ー5



熊本ではあまりにも有名な場所への「さくら紀行」になりました

夫の転勤で熊本へ引っ越してきた頃・・・。十数年ほど前になりますが

子ども達が親と遊びに行くのを敬遠し始める、そんな時期でした

思い返せばこれまで一度もここへ

娘を連れてきた事がなかったなぁ



大人になった娘とこうして来れたのは、ヨカッタです

本当は観光地より、自分だけのMy桜を見つける方が好きですが

娘のために頑張りました!




続きます

thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

青空広がる 






寒い日が続きました

一番の寒さの底からは抜けたのかもしれませんが、三寒四温の“寒”の日は

当分厳しい寒さが続きそうですね

それにしても今年の冬は厳しいなぁ・・・

暫く熊本へ帰っていたのですが、何しろ古い家で床は氷のように冷たく、

しもやけ復活です


それでも天気が回復するとうずうずしてしまい、南阿蘇の久木野村方面へ

阿蘇ー1

清水寺の少し下にある「五本松公園」から



清水寺までの車道は大丈夫でしたが、そこから上は雪のため断念

清和村へと抜ける、この道の先にある清水峠。その手前から見る阿蘇五岳の眺めは本当に素晴らしい







阿蘇ー3

公園というより、赤牛の遊牧地ですので

気をつけて歩かないと大変な事になります

でもこの日は牛はおろか、人っ子一人見かけませんでした





静かだったなぁ

五本松公園






この枝先に桜の花が咲く頃に、また来よう

五本松公園ー1








阿蘇ー7






カルデラの中の小さな集落は、箱庭のように見えます

小さな緑色の電車が走っていました

阿蘇ー8




とても寒かったのですが、陽射しが降り注ぐ草原は

ほんのりと温かな色でした

阿蘇ー9






阿蘇ー11






阿蘇ー12






阿蘇ー13


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

OLYMPUS E-3
ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5    ZUIKO DIGITAL ED50-200mmF2.8-3.5 SWD

北風に揺ら揺ら 






自宅から車を少し走らせて、南阿蘇の広々とした景色の中へ

阿蘇山


年明けから半月ほど熊本に居ました
この間、澄み渡った青空の元で阿蘇を撮りたいと思い続けていましたが
なかなかそのようなお天気には恵まれなくて・・
去年の今頃は、雪化粧をした阿蘇と青空がとても美しかったんですよ→ 凍冬青空

冬ならではの澄み切った空が恋しいです



ススキ


雲が多いお天気だったのですが
ススキの白い穂が北風に揺れ、綺麗でした




ススキー3

秋から冬へと長い間、色んな表情を見せてくれました




ススキー2

このあたり一帯も3月になれば
野焼きの炎に包まれて新しい命へバトンタッチされます




俵山よりー1俵山よりー2

(俵山から)

来週からまた寒さが厳しくなるそうですが
北国の大雪、住んでいらっしゃる方はどんなに大変かと
ニュースを見ながらいつも思ってしまいます




人気ブログランキングへ
ご訪問、ありがとうございました

森のほたる 





森のほたるー1



お店の中に入って 一番に目を奪われたのが このお人形

花魁をイメージしてつくられたのだろうか?魂が宿っているようで少し怖いような、でも、怪しげな魅力があって

何度も何度も見てしまいました




森のほたるー2


昨日は、隠れ家のようなお食事処「静庵 森のほたる」へ、友人と共に行ってきました

築100年以上経った納屋を改装した建物は、独特の趣がありました

空気がずっしりと重いというか・・・薪ストーブの温かさがそう思わせてくれたのかもしれません

窓の外には菊池川が流れていて、菊池渓谷も近いとあって、川の水はとても綺麗だそう

お店の中にも水が流れていました



↓左のタペストリー(と呼ぶのかな?)も、お人形と同じ作者の方の作品です

「狐の嫁入り」・・・

お店の方がお好きで集められたようです  他にもたくさんのコレクションが飾ってありました

作者の方は城南町に、「なみうさぎ」という屋号のお店で作品を展示?しておられるそうです

行ってみたいな~



森のほたるー6 森のほたるー5



お食事も素晴らしく美味でした

白和え、酢の物、茶碗蒸し、お刺身、茄子の味噌風味揚げのチーズのせ、野菜の天ぷら、だご汁

ヤマメの塩焼き、ごぼう飯。

こんなに食べれるの??って感じでしたが、ぜ~んぶ食べちゃいました



森のほたるー7 森のほたるー8


いいなぁ・・・・薪ストーブ!




森のほたる-3
                                                    


森のほたるー4


外から見た「森のほたる」

懐かしさを感じる、小さな集落の奥にひっそりと在ります

一番良かったのはお店の方の「おもてなしの心」かな

来てくれてありがとう、食べてくれてありがとう・・が本当に伝わってくるお店

なかなかありませんもの
 



まんさく


ご近所の農家の庭先   マンサクの花が咲いていました

「まず咲く」からマンサク、春を告げる花

「豊年満作」から命名されたともいわれる



所在地 〒861-1300
熊本県菊池市木庭下木庭1603
交通アクセス 肥後大津
営業時間 営業時間 : 11:30~14:00(LO)18:00~22:30(夜はなるべく要予約)
定休日 : 水・木曜日
お問合わせ 0968-25-0905



おつきあいくださいましてありがとうございました



人気ブログランキングへ

春の予感 






島田美術館ー1


昨日(2月20日)は、埼玉から帰省している夫と共に、熊本市島崎にある「島田美術館」を訪ねてみました。

島崎という土地は、閑静な住宅地で古い町並みも残っており、何故か懐かしい臭いがします。

そこにポツリとある美術館は、わたしにとっては不思議な異空間です。

知人の展覧会が開催された時に初めて訪れた際も、不思議な気持ちになりました。



美術館には、宮本武蔵ゆかりの武具・遺品・書画などが常設展示してあります。(だそうです)

今回はそれを見てきました。

宮本武蔵筆の「覚書」・・これが、本物の宮本武蔵の字?なんて達筆なんだろう!感動~

宮本武蔵筆「水墨画」・・60回ほど勝負をして勝ち抜いた人が書く画が、こんなに静かだとは

宮本武蔵所用の「刀」・・震えるような気持ち。勿論2本ある。説明書きには「吉岡斬り」なんていう言葉があった。

一乗寺下り松の決戦の話から、吉川英治著の宮本武蔵が面白かった事や

NHKでかなり前に放映された、役所広司扮する宮本武蔵が、かっこよかった事など

話が弾みました。





島田美術館ー3

話は長くなりましたが、

宮本武蔵は晩年の5年間を熊本で過ごしたのでありました~





島田美術館ー2

美術館の古い門の前、大きな花瓶には、蝋梅と梅~*





わたしが住んでいる町は、市内より高度が高いためか

まだ梅の花は、ちらほらとしか開いていないのに、美術館付近の空き地では満開でした。




ウメー1




やっと、やっと春が近づいてきたことを 実感できました。うれしいです





ウメー5






そして、こぶしの花芽も膨らんできました


花芽ー1





花芽ー2

早く、あの真っ白な花を見たいものです。

こぶしの花が咲くと、空気がフワッと緩んでくるような気が、わたしはするのです。


*~おつきあいくださいまして ありがとうございました~*



人気ブログランキングへ



山里の午後 





ススキ野

先日、根子岳麓へ遊びに行った帰り道、

大きく穂を開いたススキの群生が あまりにキレイだったので

車を停めて 写真を撮りました

護岸工事をしていない川は、子どもの頃に遊んだ川を思い出させてくれます

久木野村には、まだまだそんな光景が残っています

・・・・・




山里-1

川の横の小さな道を おそるおそる車ですすんでいくと

ただ何となく懐かしいような、そんな景色に出会いました

山里の景色はいつも心を和ませてくれるから、また行きたくなってしまう

さらにこの道の奥には・・




水源

小さな水源の入り口がありました

陽だまりはまだ暖かい、秋の日の午後でした



 ~*  おつきあいくださいまして ありがとうございました  ~*

    

人気ブログランキングへ

南阿蘇、再び! 

一週間ほど前に 風邪をひいてしまいました~

最初はひどい咽喉の痛みと頭痛

その後、感染性の胃腸炎の症状も出てきて、きつかったです

あちらこちらでノロウイルスが集団発生しているようなので

「まさかわたしも??」と思ってしまうほどでした

やっぱり、手洗い・うがい・部屋の加湿・・気をつけなきゃいけませんね

これからますます空気が乾燥してきます

どうぞ、みなさんもお気をつけくださいね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、黄砂で見えなかった阿蘇の写真を 再度撮りにいきました(執念!

まあまあのお天気で 一人、晩秋の南阿蘇を楽しんできました

(撮影日は11月16日・かなり過去写真になってしまいました)


阿蘇



太宰治の「富士には月見草がよく似合ふ」の一節を真似て

「阿蘇にはススキがよく似合ふ」・・ふふっ

阿蘇ー1



穂がひらきかけたススキ

太陽の光を受けて キラキラ キラキラ

ススキ-1



「阿蘇の涅槃像」の顔・根子岳です

根子岳



「肥後の赤牛さん、こんにちは~」

赤牛



「南阿蘇 えほんのくに」の真っ赤なドウダンツツジと

落ち葉を切り抜きました

ドウダンツツジ-1


落ち葉




久木野村の小さな集落にある、大きなイチョウの木

黄色い葉が敷きつめられた、

そんな贅沢な空間を 独り占めしてきました

イチョウ

~* おつきあいくださいましてありがとうございました ~*

人気ブログランキングへ


秋枯れ色 

南阿蘇の外輪山を走る

グリーンロードからです
グリーンロードから阿蘇



バイクで走るには最高の道です

南阿蘇の展望がひらけたときには 息をのむほどの美しい景色が

眼下にひろがります

あいにくの天気で写真は撮れませんでしたが・・・
グリーンロードから阿蘇ー1


11月に飛来したのは5年ぶりという黄砂のおかげで

まるで雲海の上に阿蘇の姿が浮かんでいるように見えました

それにしても これほど視界が悪くなったのは 記憶にありません

毎日がこんなお天気だったら

きっと気が滅入ってしまいそう

お日様の光と青い空 なんてありがたいんだろう
(正午頃に撮りました)
グリーンロードから阿蘇ー2




紅葉の写真はあきらめて

秋枯れ色を見つけてきました

秋枯れ


↓ こちらは11月12日に撮った 夕方の月です

この日も黄砂が飛んでいて

いつもと違う、空の色・夕焼け雲の色でした

夕焼け・月

~* きょうもおつきあいくださいましてありがとうございました *~


最後まで見てくださいまして
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ



願い事 

近所にある 古い小さな「木山神社」を訪ねました


木山神社



お天気もよくないせいか わたしの他には誰もいなくて・・

木山神社ー8



しーんと 静寂に包まれていました

木山神社ー5





木山神社ー6




神社には 大きな銀杏の木があります

この木は いったいどのくらい前から
人々を見守り続けているのかな??

下葉はまだ緑ですが
一番てっぺんは 黄色に紅葉していました

木山神社-7




木を見上げていると 風がさぁー・・・っと通りぬけ、
葉っぱがはらはら 銀杏の実がぽつっぽつっ と落ちてきます

木山神社ー3



夢中になって 葉っぱを撮っていたら
後ろから コンコンコンとヒールの音が鳴り響きました
思わず見てみると 若い女の子が拝殿へまっすぐに・・・

叶えたい願い事があるんだ、きっと!
その後ろ姿に、思いの強さを感じました

木山神社ー2



わたしも参拝して 
叶てほしい願い事を 心のなかでつぶやいて
おみくじをひいてみると・・・

「うぐいすの 谷の戸いずる こえはして
 のきばの梅も さきそめにけり」
(季節はぜんぜん違いますが・・・)

久しい間の苦しみも 時がきて おのずから去り
何事も春の花の咲くように 次第次第にさかえてゆく運です
安心して事にあたりなさい
と・・・そう書いてありました

今のわたしには
身にしみいるような、そんなありがたい言葉でした



最後まで見てくださいまして
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ


秋み~ぃつけ 

これは楓の葉っぱですよね??

赤ちゃんの手のひらみたいなモミジの葉っぱよりは

ひとまわり大きい葉っぱです

砥用にある、農産物直売所で見つけました

写真を撮っていると、

「ここの桜は、ついこの間、花が咲いとったばい」

と、おじさんが教えてくれました。
楓



秋晴れに誘われて、ほんの少し遠出です

家から40分くらいの場所です

桜の頃には、この石橋までもピンクに染まるような光景になります

わたしの大好きな場所です

大窪橋
大窪橋大窪橋ー1





あともうちょっと、秋を感じたい

無理は禁物と 自分に言い聞かせながら車を走らせると

あった~架け干し米!

田んぼの先は深い谷です

そして谷の向こうには 九州山地の山々が連なっているんですよ
(わたしの写真じゃ、全然わかりませんが・・)
架け干し


架け干しー1



昨日のお散歩

夕暮れ時の空と
夕暮れ

月です
月



*****************************

いつも温かいコメントとご訪問、
本当にありがとうございます。
いつも元気をいただいております。
こちらからの訪問が遅れがちになって・・申し訳ありません。

腰の牽引は続けています。
80%くらい、元に戻ったみたいな気がします。
椅子に長い時間腰掛けている態勢が一番よくないみたいです。

あともう一歩、頑張ります

最後まで見てくださいまして
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ


瑠璃色 

満願寺温泉散策の帰りに寄った、
「池山水源」の写真です。
(9月5日に撮りました)

やまなみハイウェイから
10分くらい入った、産山村にあります。
池山

「ヒゴタイ」
ヒゴタイ

ヒゴタイを初めて見た時は驚きました。
ピンポン玉よりは大きくて、
テニスボールよりは小さめの
瑠璃色の丸~い花。

十数年ぶりに、ここ池山水源で
再会しました。

ちょっと時期が遅くて
キレイな球形じゃないのが残念!
でも、「瑠璃色」ってこんな色だよねと
再び、感動です。

環境庁の絶滅危惧IB類に指定されているそうです。


こんこんと溢れる、清らかな水は
ここから長い旅をして
大分県の「大野川」となり、
別府湾にそそがれるそうなんです。
またまた浪漫を感じてしまいます。 
池山水源

パワースポットなどと、もてはやされなくても
いつも多くの人を癒してきました。 
池山水源ー2


「水神様」です。
水神様
220年ほど前の大水害で流されたあと、
祭日の清掃で池の底から出てきたものです。
(県のHPより)

ずっとずっと昔から
この清らかな湧き水を
見守ってきたのでしょうね。


最後まで見てくださいまして
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ

久木野村より 

昨日は、
南阿蘇方面へ行く機会があり、
久木野村からの阿蘇五岳を撮りました。

写真は
ぼんやりとしたものになりましたが、
女性の後姿から・・・

「わ~ぁ!!キレイ!!」久木野
そんな声が聞こえてきそうな・・・
(聞こえてきそうな気がしませんか・・・?)

本当にキレイな景色でした。

久木野ー1

感動の景色、
どのようにカメラに映っていますか??
見せてください~
声をかけたくなりました。



最後まで見てくださいまして
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ

満願寺散策 

熊本県の南小国町にある、
満願寺温泉の散策です。

満願寺

文永11年(1274)、北条時定が
国土安泰を祈願して建てた「満願寺」。

満願寺ー1
ここは、鎌倉幕府、ゆかりの地だそうです。


満願寺ー2 満願寺ー3


満願寺のすぐ前を流れる志津川は、
少しぬるめの、川湯になっています。
露天風呂なのですが、道路から丸見え!
ここに入る度胸があるのは、
子どもたちしかいないんじゃないかな~

200円で入れる共同浴場がありましたので、
入るとしたらこっちですね。

満願寺ー4 満願寺ー5



そして、川の中の湯舟では、
洗濯をしたり、農具や食器、野菜などを
洗ったりするそうなのですが、
なんとものどかで、時間の流れが止まってしまいそう。


満願寺ー6
セピア色が似合う、古いお店。
やっぱり時間が止まってしまいました。


・・・・・・・・・・・・・・

先日の台風9号が過ぎた後の空です。
今度も紫色の空になりました。
この前はこちら">この前はこちら

台風9号
北西の空。

台風9号ー1
南西の空。

また、台風10号が発生したようですね。


最後まで見てくださいまして
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ

浪漫 

台風9号の影響で
今朝から雨が降ったりやんだりしています。
今日は、太陽に会わずにすみそうなので、ホッ。

阿蘇五岳と阿蘇カルデラをとりまく外輪山。
その外輪山を走るミルクロードの途中、
「兜岩展望所」からの眺めです。
(9月5日に撮りました)
兜岩
ススキが風にゆれて、
ここはもう秋でした。


阿蘇谷の田園風景はいつ見ても
息をのむような美しさです。
兜岩ー1
もうあとちょっとで
田園は黄金色に輝く事でしょう。


阿蘇には大昔、
富士山よりも高い火山がそびえたっていた、
そんな伝説?がありますが、
とてもロマンを感じます。

外輪山を麓にして、そびえたつ巨大な山。
想像しただけでも興奮します。
太古の阿蘇は、そんな姿だったと信じたい・・・私です。

兜岩ー2






最後まで見てくださいまして
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ


潮井さん 

昨日の空です。
雲ー1

入道雲が君臨していました。

とても暑くて、暑くて、
少しでも涼しい場所へ行きたくて、
「潮井さん」(潮井水源)へ。
潮井さん

町内にあって、
水がこんこんと涌き出る所。
子ども達が水遊びをする所。

「やぶらん」

地味な場所に
ひっそりとあって、
目立ちはしませんが
わたしは好きです。
潮井差ー2


まだ青い栗
潮井さんー4


祠があって、
子どもの頃は
こういう所で恐る恐る遊んでいたな。
そんな事を思い出しました。
潮井さんー2



潮井さんー3

その後
家に帰ると夕立がきました。
激しい雨が
少し暑さを和らげてくれました。
夕立



最後まで見てくださいまして
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ


水の都 

熊本の中心地に近い場所にある、
「江津湖」を散策してきました。
江津湖

この江津湖は、市街地にありながら
一日40万トンの湧き水が湧き出ているそうなんです。
凄いですね。
江津湖ー1

熊本の水道水は、地下水を利用しているので
とても美味しいです。
------------------------------------------------------------------------------
熊本の水がおいしいのは、ミネラルなどがほどよく溶け込んだ地下水を
水道水として使っているから。
地下水を蓄えている地層が天然の浄化フィルターの役目をし
「熊本産のミネラルウォーター」となっています。

(市のHPより)
-------------------------------------------------------------------------------
ありがたい事ですよね、
ずっと熊本に住んでいたら、これが当たり前のように
思ってしまうかもしれません。
自分も含め、水の恵みに感謝しないと・・・・

江津湖畔「TANPOPO」で友人と一息
タンポポ


タンポポー1タンポポー2




江津湖ー2 江津湖ー3



***************************

夫からの写真です。
また、お風呂に入ったようです。
カーテンレールの上、微妙な所で
舐めてますね~
いち


最後まで見てくださいまして
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ

潮風 

三角西港

三角西港(みすみにしこう)は、明治三大築港のひとつであり、明治政府の国内統一、殖産振興の政策に基づいて建設された地方港湾の1つで、オランダ人水理工師ムルドルの設計によって、明治17年から明治20年にかけてつくられた。100年の歳月がたった今も当時の都市計画・石積埠頭がほぼ無傷のままのこっている。

(~三角西港物語より~)


天草の玄関、
三角西港へ友人とドライブ。

三角西港


龍驤舘(りゅうじょうかん)
三角
異国情緒あふれる建物が残っていて
明治時代にタイムスリップできる場所。


旧高田回漕店の
二階へ上がってみました。
高田
回船問屋の事務所、兼、宿舎が
当時の姿のまま、残されている。

活気溢れていた頃、
ここからどんな人たちが
海を眺めていたんだろう?


当時の倉庫を改築したレストランで
遅めのランチを。
サラダ冷麺・・・美味しかったです。
カフェ カフェ-1


カフェー2
        お気に入りのテラスでコーヒーを

            
テラス  テラスー1


熊本は昨日、
10日ぶりに猛暑日ではなかったそうです。
ほんの少しだけ
涼しさを感じる潮風が
彼女のカールした髪を揺らしました。

可愛い顔をお目にかけれないのは
残念です。

ハイビスカスー1
まだもう暫く、ハイビスカスが
空に映えそうですね。


最後まで見てくださいまして
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ



thread: 写真日記 | janre: 日記 |  trackback: 0 | comment: 6 | edit

金灯籠 

一昨日は、久しぶりに友人と再会し、
鹿本の水辺プラザへ遊びに行ってきました。

水辺プラザ


遊びに行った・・というよりは
友人が運転する車の中で
尽きる事のない「お喋り」をしてきました。

道中、きれいな田園風景など
「写真にとりた~い」と思う景色が、たくさんあったのですが
とにかく暑くて!
「太陽さん、もう勘弁してくれ~!」


水辺プラザの
野菜などを売っている建物に
「山鹿灯籠祭り」の素敵なポスターがありました。
水辺プラザー1


山鹿灯籠といえば千人灯籠踊りが有名。
女性が金灯籠を頭に乗せて踊ります。
といっても、私はニュース等でしか見た事ありませんが。


灯籠300
和紙と糊だけで作られた金灯籠。
家にもあった事を思い出し、
引っ張り出して写真に撮りました。
ちゃんと電気もつきました。


それにしてもこの暑さ!!
写真を撮る意欲まで
干からびてしまいそうですね。


最後まで見てくださいまして
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ

thread: 写真日記 | janre: 日記 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

暑い日にみた幻 

熊本は連日、厳しい暑さが続いています。

昨日は、用を済ませた帰りに、
隣の町にある「鼻ぐり井出公園」に
ふらっと寄ってみました。
公園

それにしても奇妙な名前!
火山灰土砂を多く含んだ灌がい用水路の水を
水力を利用して下流に排出する仕組み、
これを「鼻ぐり」と言っているらしい。
初めて知りました。
井出ー2
堅い岩肌に水がドカーン!とぶつかり
渦を巻いて
岩肌の下に彫られたトンネルを勢い良く
土砂とともに流れていく。
(トンネルの形が、牛の鼻輪を通す穴=鼻ぐりに似ているそうです)

関が原の戦を経て、肥後の領主になった、
加藤清正による土木事業らしいのですが、
今もそのまま残ってるなんて、
凄い!!そして、頭いい!

でも、これはちょっと厳しいと思います・・・
旗
私以外には、スケボーの練習中の若者が、
2人いただけでした。


夜は、町内の祭りで花火が上がりました。
熊本空港に近い為、
飛行機の最終便が到着するのを待って、
それから上がるんです。
昨夜は9時20分位だったか??

月まで届くといいな・・
そう思いながら、二階から楽しみました。
花火

そして、暑さのせいか
テーブルの足の影にあるこれ↓が
何度も
いっちゃんに見えてしまいました。
幻

実際はこれ↓です
幻ー1

最後まで見てくださいまして
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ

thread: 写真日記 | janre: 日記 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。