空をみあげて 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

花暦 3月 




鹿児島県指宿市のフラワーパークを

ぶらり・散策をした時の写真です

光と影が印象的でした

(3月28日撮影)

シャクナゲー5

早くも石楠花が満開でした

薄暗い中に浮かび上がるようで、とても美しかったです






フラワーパークー5






これは、何の芽なんでしょう?猫の尻尾みたいで可愛い!

フラワーパークー1





「アマミセイシカ」

奄美諸島で自生しているツツジ科の花です

フラワーパークー10


フラワーパークー11









「カラスノエンドウ」・・・フラワーパークでなくても

どこにでも咲いていますが

フラワーパークー7

「山の幸」という本によると、小さな“さや”は食べる事ができます

一度、油炒めして食べた事がありますが、味はなかったような??

こういう野に在るものが食べられるかどうか、

知っていると役に立つ時があるかもしれませんね






光があたると、何もかも輝きだします

フラワーパークー15








明ー1







「オオシマザクラ」

オオシマザクラー3


この「オオシマザクラ」と「エドヒガン」を交配したものが「ソメイヨシノ」、でしたね






スポンサーサイト
thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

花の下にて 





奥十曽渓谷の山奥に自生しているという「エドヒガン桜」に会うために、

小さな集落を抜け、山道に入ろうとしたところで

山桜が静かに咲く景色に目を奪われました


ヤマザクラー2


十曽池  



人気もなくて静寂そのもの

山桜によく似合っていたなぁ


山桜ー4





桜の近くには土筆がいっぱい!

ファインダ越しに見る土筆ワールド

まるで“ニョロニョロ”みたいでした

ツクシー2



昨日の毎日新聞に、山桜の事に触れた記事がありました

ソメイヨシノはほぼ一斉に咲くのに、ヤマザクラは何故バラバラに咲くの?

という謎が解けました

(自分の為の記録として、一部をそのまま転記)




・・今日(4月3日)は、春の嵐が吹き荒れています



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 人間の営みや思いと関係なく、今年も桜が咲きます。

~略~
 
「同期の桜」ではありませんが、一斉に咲きそろってほんの数日だけ満開を誇り
また時を同じくして、薄紅色の花びらを散らす桜の姿に、
日本人は生の喜びとはかなさを感じとっているのだと思います。
 しかし、このはかなく美しい桜の姿を持つのは、
日本の桜の八割を占めるソメイヨシノのものです。
ソメイヨシノは幕末に江戸の染井村で、野生種であるオオシマザクラとエドヒガンを
交配して作られました。人工的に作られた雑種で、種子ができません。
このため自力で繁殖する事ができません。
人間が挿し木などで増やす以外に、この桜が地球上に生き残る方法はないのです。
 世界中のソメイヨシノは同じ遺伝子を持った「クローン」ですから
同じような環境のもとでは、開花も散り際も見事に「同期」するというわけです。
 「ねがはくは花の下にて春死なん」と詠んだ西行が3年住んだ花の名所、
奈良県の「吉野山」の桜は殆どがヤマザクラです。
このヤマザクラは、日本古来の桜の代表種で、花と葉がほぼ同時に出ます。
野生種ですから、勿論受粉して実を付け、繁殖します。
ソメイヨシノと違い、有性生殖をしますから、株ごとに遺伝子の多様性があるため、
開花の時期にも幅があります。
江戸時代以前の花見は今の吉野山と同様、もっと長く楽しむ事ができたはずです。

 今年、被災地の皆さんはどんな思いでお花見をされるのでしょうか。
とても複雑な思いです。
しかし全ての日本人は、犠牲者への慰霊の思いを胸に、
今年の桜を見上げるはずだと信じています。

(Dr.中川のがんの時代を暮らすより 一部抜粋)



thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

桜のトンネル 






鹿児島県伊佐市の山中にあるという、

「エドヒガン桜」を見にいく途中で出会った景色です(3月31日 伊佐市にて)

桜ー8






桜のトンネルの 息をのむ美しさに

時間が経つのも忘れて、シャッターを押し続けました

見たとおりの美しさに撮れたらなぁ・・・

桜ー7








桜ー1








若い二人が傍らを駆け抜けていきました

昨日は、目にするもの全てが輝いていたように思えます

桜ー4桜ー9









桜ー3

あ、先を急がないと日が傾いては「エドヒガン桜」の姿を見られなくなりそう・・・

(つづく)


OLYMPUS E-3    ZUIKO DIGITAL ED50-200mmF2.8-3.5 SWD








thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

海のある風景 




長島の海

長島ー2






立っていられないほどの風でした

海鳴り ごぉぉ ごぉぉ

長島ー3





久しぶりに海のある風景を見て

長島ー4





気持ちが穏やかになったような気がします

長島ー5





昨日今日でソメイヨシノも満開一歩手前です

店頭では筍が並ぶ姿も見られ

一気に季節が進んでいくのを感じます

まだ値段が高くて買えない筍ですが

これは↓嬉しい頂ものです

今夜は湯がきたてを 酢味噌でいただきますね


筍



OLYMPUS E-3   ZUIKO DIGITAL ED50-200mmF2.8-3.5 SWD
ZUIKO DIGITAL 11-22mmF2.8-3.5
最後の写真のみ OLYMPUS XZ-1


海辺の春色 






“長島”の海の色を背にした、なずな

なずな

この日は強風が吹き荒れていましたが、

陽射しには久し振りに春を感じる事ができてヨカッタです


鹿児島の北西に位置する長島は、黒之瀬戸大橋で結ばれた“島”

新鮮な魚と美しい海、段々畑が広がる景色と

温暖な気候(温州みかん発祥地)の長島。住んでみたくなるような島です



長島ー1長島ー2







太陽の光を浴びるだけでも、気持ちが元気になってきますね

風が強かったのでキレイには撮れませんでしたが、

白い花ビラと柔らかい新芽がとても綺麗でした




長島ー3




桃の花?

長島ー8





どこでもよく見かける足元の花も

長島ー6




春の陽射をいっぱい浴びていました

長島ー7





花より若葉が輝く山桜   地味ですが何故か好きなんです

山桜ー1




OLYMPUS E-3   
ZUIKO DIGITAL ED50-200mmF2.8-3.5 SWD ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5
thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

花曇 




近所のソメイヨシノは、最近になってようやくぽつりぽつりと開花し始めました

「梅が渕観音さん」への上がり口の3本の桜だけは

何故か開花がすすんでいます

写真を撮っていると近所の方が声をかけてくださいました

「ここは早かもんね。甲突川の桜はまだちらほらしか咲いてないのにねぇ」



桜-2



それにしても

写真って風景を写すだけではなく、撮っている時の自分の心も写してしまうんですね

なんだか冴えないのです。すっごく冴えない。写真も気持ちも。




お天気が悪い日が多いと、心が曇ってしまいます

嵐にならなければいいけれど・・・。

体調にも関係してくるようで、腰が痛いです



こんな時は、ひたすらじっと雲が過ぎ去るのを待って

しゃがんでいよう

また思い切りジャンプする日のために






桜ー1




桜の花が空から降ってくるように見えました





桜ー3




昨日はほんの少し、青空が顔をだしてくれたけれど

今日はまた雨




桜ー4


たまにはこんな時もありますよね

(前記事にコメントをありがとうございます、感謝です)


-- 続きを読む --

散歩道より 





寒い日に見た夕焼けは格別でした

空気がピンと張り詰めていました

夕焼けー1





少し前に撮ったものです

夕焼けー4





熊本の散歩道から

夕焼けー6





熊本も、少しは空気が緩んだかなぁ

夕焼けー2






夕焼けー5

“いち”に会いに熊本へ帰ろうと思っています

いつもご訪問ありがとうございます!



OLYMPUS E-3
ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5    ZUIKO DIGITAL ED50-200mmF2.8-3.5 SWD




thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

晴れやかにひっそりと 







晴れやかにー4

冬枯れ色だった川のほとりも 明るく輝きはじめました

キラキラ キレイ アッタカイ






冬の間、いつも見上げてきたせんだんの木の下では


                      
                   晴れやかにー6




ウメが

晴れやかにー1





スポットライトを浴びています  

晴れやかにー2





その下にはひっそりと・・・

ひっそりと



OLYMPUS E-3 ZUIKO DIGITAL ED50-200mmF2.8-3.5 SWD




あの日の空 






雲がとっても印象的な空でした

巨大龍の背中みたい・・・、そんな事を思いながら見上げました


散歩道-1

(今月上旬 熊本の散歩道で)


一昨日伊集院へ向かう途中、降っていた雨は雪に。。

場所によっては積雪した所もあって

鹿児島もそれなりに寒い日が続いています  でも

一日一日、日が長くなってきていますよね!

少しづつ春に近づいているようで嬉しい今日この頃*



夕焼け夕焼けー2






夕陽ー3散歩道ー3



さあまた、いっちゃんに会いに熊本へ帰ろう



****************************************************************************


鹿児島の“さぶ”です 3ヶ月になりました

さぶー1

まだ両足を開いたままお座りします



さぶー2

ポケ~



さぶー1

フニャ~ァ



さぶー3

カメラを向けると・・・

イカ耳っぽく見えますが、完璧なイカ耳ではありません

猫パンチもしません   



さぶー2

胴が長すぎて、いつ見ても笑っちゃいます




写真(風景・自然) ブログランキングへ
いつもご訪問、感謝します







菜の花がいっぱい 






1月21日(土) 満開の菜の花* * 

春の予感に気持ちが弾みました♪

ナノハナー3




場所は指宿市・池田湖の畔です

ナノハナー4




陽射しには恵まれなかったものの、1月とは思えない暖かな日でした

ナノハナー6





ここで威勢のいい和太鼓の演奏まで聴くことができて、ラッキーでした 有名人にも会えました!
(詳しくは続きに)

菜の花ー5




この日は「いぶすき菜の花マーチ」が開催されていました
家族や友人達と、開聞岳と菜の花を見ながらのウォーキング!
とても楽しそうでしたよ
指宿は「いぶすき菜の花マラソン」で有名ですね
年明けてまもなくすると(1月第2日曜、日本で一番早い市民マラソンだそうです)
菜の花とランナー達が新聞の一面を飾ります

ウォーキング



唐船峡入り口付近から見た薩摩富士こと「開聞岳」
美しい山です

菜の花ー4



写真(風景・自然) ブログランキングへ
おつきあいくださいましてありがとうございます


-- 続きを読む --

せんだんと夕空 







今日は全国的に、この冬一番の冷え込みだそうですね

今朝の熊本は氷点下3度という予報でした

今から節分頃までが一番寒さ厳しいとの事

でも夕方の空を見上げると、日がだんだんと長くなってきたことを実感できて

嬉しくなります




いつもの散歩道 いつもの「せんだんの木」です

夕空ー2





夕方5時です

夕空ー3





沈む夕陽を 枯れ草たちが見送っているように見えました

夕空ー4




太陽が隠れたあとの一瞬の時間

空が一番美しい時間

夕空ー5




せんだんの枝先と空と雲   感動で心が無になります

夕空ー6




この日は東の空に ぽっかり月が浮かんでいました

夕空ー7


寒い毎日、身も心も温かくして乗り切りたいですね^-^

人気ブログランキングへ
おつきあいくださいましてありがとうございます


てくてくお散歩 








年が明けて最初の散歩写真です

毎日ぱっとしないお天気で、どこも寒々とした冬風景です

でも、葉を落とした木の美しさが一段と際立っているように見えました

散歩ー1




道端に目をむけると 何の花の綿毛なんだろう?

ちょっとだけ温かい色

田んぼの色も暖色系?

散歩ー2散歩ー3






田んぼの隅で眠る猫

声をかけるとほんの少しだけ目を開いたので、思わず「ほっ」 

よかった~!生きている!


散歩ー4

何処かにちゃんとしたねぐらがあるといいのですが






桜の木も木蓮もよく見ると、固い新芽や花芽が

やがて来る春を じっと待っているよう・・・

散歩ー5散歩ー6






柳のしなやかな枝  まだまだ固いけれど新芽がたくさん!  

散歩ー7





最後は木山神社で手をあわせてきました 今年はいい年になりますように・・・。

散歩ー9



人気ブログランキングへ
おつきあいくださいましてありがとうございます

今年もどうぞよろしくお願い致します






-- 続きを読む --

ありがとうございました 






柿木ー2

やんちゃで可愛い家族が増えて

秋の景色を愛でる暇もなく、あっという間に今年もあと4日になりました

鹿児島も桜島の今季初冠雪の知らせと共に寒くなりました

先週末、霧島方面へぶらっと行った頃はまだ陽射しが暖かく

秋の余韻をほんの少しだけ、感じることができました


実をつけた柿の木。ぎりぎり間に合った~!待っていてくれてありがとう







吉松・川内川のほとりで

川内川ススキー1




枯れゆくススキも光線を変えると・・

川内川ススキー2






霧島へ向かう途中の白鳥神社で見かけた「ヤブムラサキ」の実と「大椿」の小さな花

こちらはすっかり冬の空気でした

ヤブムラサキ




大椿






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大きな出来事があった一年でした。
忘れてはいけない事を あらためて胸に刻み込みたいと思います。


そして
今年一年間、たくさんのステキなブログに出会って
多くの発見やヒントをいただきました~
それに、元気を貰ったり笑わせてもらったり楽しませてもらったり唸らせてもらったり、
癒してもらったり・・・
ほんと~にありがとうございます

明日から熊本へ帰ります。
熊本のPCの調子が良くないので、今年最後の更新になりそうです。
コメント等もできないかもしれませんが、また来年どうぞよろしくお願いいたします!


新しい年が皆様にとってよい年になりますよう、それとご健康(これが一番ですね)を
心からお祈りいたします。



(江口浜にて。写真を撮っている娘の後姿をこっそりと・・)

洛陽




2012年が素晴らしい年になりますよ~に




夕陽






人気ブログランキングへ

おつきあいくださいましてありがとうございました


好きなもの 




冬の空

熊本へ帰るため、高速道路を車で走っていたら

空がとても綺麗だったので、えびのPAに車を止めて暫く見上げてきました

冬のソラ  空気がキーンと澄み渡っていいなぁ





冬の空-1

葉を落とした後の木立がとても好きです

葉がたわわな時には隠れている、繊細な枝ぶりが見られるからです







冬の空ー4

このあとすぐに日が落ちて長い夜を迎えるのですが、

いつもじっと寒さを耐えている木は偉いなぁ

・・・去年の冬も同じ事を書いたような気がします





陽だまりに猫

陽射しのある冬の日に、外を眺める猫の姿が好きです






陽だまりに猫ー2

そんな猫の体に顔をうずめると

陽だまりの匂いがして好きです




陽だまりに猫ー3

くんくん




いっちゃん、元気です。鹿児島へ戻る時は切なくなりますが、また会う日のために頑張るぞぉ

寒くなりました。今年もあと残り一週間ですね

人気ブログランキングへ
おつきあいくださいましてありがとうございます



島旅 ⑨~珊瑚の海とアダン~ 





奄美大島

珊瑚の海とアダン

美しかったです☆  またきっと行きます

奄美ー1-1





奄美ー2




島旅で出会った花や木たちです

タコノキ






花木





花木ー1






花木ー2






花木ー4






花木ー5





花木ー6





花木ー7


人気ブログランキングへ



島旅 ⑦~与論島~ 




今日から12月ですね。 昨日の鹿児島は半袖で過ごせる程の陽気でした。

北の地方の皆さんの雪化粧をした山の写真や、美しい紅葉写真に見惚れる今日この頃です(ないものねだり?)



さて今回の島旅。 お父さん(=夫)が勤める会社より、勤続30年のお祝いとして

旅行券をいただいたおかげで行くことができました。

鹿児島へ移り住んで以来、南西諸島の事をもっと知りたい!という気持ちが強くなりました。

そんな夢をお父さん&会社のおかげで実現でき、ほんとうに感謝です。

ただ、宿などを決めるのは旅行会社の方にお任せ状態だったので、

次に行く時はもっと濃い旅をしたいな。


・・・というわけで、旅行会社の若い女性従業員さんのおかげで(笑)

こんなに素敵なリゾートホテルに泊まる事ができました。

「プリシアリゾートホテル」です。おじさん、おばさんには眩すぎました。

自分達で宿を決めていたとしたら、縁がなかったと思います。そう思うと貴重な経験?

プリシアー2




どこまでが建物でどこからが空なのか?

「2001年宇宙の旅」のラスト近くのシーンを思い出しました。

なんか無機質的なんですよね。

プリシアー3





プリシアホテルのプライベートビーチ

プリシアー5





ここで一人、本を読んでいる若い男性がいて、とても絵になっていたのですが

写真を撮る勇気がありませんでした。かっこよかったなぁ

読んでいる本は、何故か村上春樹のような気がしました

プリシアー6





この日も夕焼けは見れずじまい。

雲がなければ最高のロケーションだったはずですが


プリシア

2日間滞在したプリシアリゾートホテル。

一人旅をしている人が何人もいた事には驚くと同時に、何故か嬉しい気分に。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


島の暮らしからかけ離れたようなリゾートホテルがあるのも与論で、

錆びついた軽トラで海へ向かい、また農作業に出かける人が住むのも与論でした。

この島では立派な車は必要ないだろうな、と思います。

何処に住んでいてもこの小さな島だと、潮風で錆びてしまいますから。

本当の豊かさって・・・? そんな事を考えたのでした。

与論・海ー1






ヨロン島ー1




夢のような「ヨロン駅」

ここで大きな出会いがあったのですよ。また後日、書きたいと思います。

ヨロン駅


人気ブログランキングへ
おつきあいくださいましてありがとうございます!

島旅 ⑥~与論島・海~ 





11月7日~11月9日 与論島へ

沖縄まで23km 奄美諸島最南端の小さな島

人が約5500人 牛が約5000頭住むという、とても小さな島です

島の周囲は約22km。小学校が3つ 中学校が1つ 高校も1つ


残念な事に2日間ともお天気が悪く、青い海を見る事ができませんでした。本当に残念!(涙)




与論・海ー1



寺崎海岸

映画「めがね」のロケ地だそうです



与論・海ー1




あ~・・・空が青ければ、晴れていれば・・・と、そればかり




与論・海ー2





サンゴの欠片をよくよく見ると、

動物のように見えるのです

与論・海ー3





一番、与論の海らしく写った兼母海岸

こういう時は何故かコンデジが大活躍

与論・海ー2





生前、与論をこよなく愛した女流作家、「森 瑤子」さんのお墓があります

海を見ながら執筆したのでしょうか。それにしても52歳で永眠とは。。。若すぎます。。。


与論・海ー4





夕方前、少し薄日がさしてきました

海の向こうに薄っすらと島が見えました

もしかしたら、沖縄でしょうか

与論・海ー5
(赤碕海岸)

沖永良部のお天気が素晴らしく、テンションが上がりっぱなしでしたので

与論島では少し抑え気味に。

お天気に左右されるなんて、人間らしいなと我ながら思いました^-^



人気ブログランキングへ
おつきあいくださいまして、ありがとうございます!

島旅 ⑤~沖永良部のサトウキビ畑~ 






朝焼け

11月7日   沖永良部「フローラルホテル」から見た朝焼け

前日は夕方から小雨がぱらつき、夕焼けを見る事ができなかったので

こうして朝焼けを見る事ができたのは、本当に嬉しかったです







フローラルホテル

宿を出発する頃には、見事な青空!

しばし見惚れる






さとうきび畑ー1

沖永良部で出会った風景・・・・美しい海と深い緑

そして忘れられないのが、サトウキビ畑と赤土です






さとうきび畑ー2

サトウキビは一年半、土地を寝かせれば又植え付けられるそうです

島の人が教えてくれました

大きく育ったサトウキビと、植え付け間もないサトウキビと

両方を同じ時期に見る事ができます

これも温暖な気候のおかげなんですね






さとうきび畑ー3

今回の旅の途中に買った「奄美自立論」という本によると

黒糖を作るのに欠かせない石灰(硬さ・甘さを決めるそうです)が市販される前の時代は

サンゴが使われたそうなんです

サンゴと黒糖の意外な関係を知る事ができました





そして、沖永良部ともお別れ・・・

大地-1







また、小さな飛行機に乗り込み与論島を目指します

飛行機






赤土の大地、赤土とサトウキビの島「沖永良部島」

大地ー2


(続く)

人気ブログランキングへ
おつきあいくださいましてありがとうございます!



島旅 ④ ~沖永良部の緑~ 




11月6日~11月7日

沖永良部島で撮った写真の中から、「緑」を集めてみました。

年間平均気温22℃という温暖な気候。

熱帯、亜熱帯の植物は日ごろ目にする事がないものが多いので

あぁ、南国にきたな~と思わせてくれたのでした~





緑ー1

昇竜洞(サンゴ石灰岩の鍾乳洞)へ向かう店の扉からみた光景

大好きな田中 一村の絵を思い起こさせる、そんな光景





緑ー3

無数の蝶が飛び交って、しかも凄い速さ。 そして

聞いたことがないような虫(蝉?)の鳴き声がする中、

ぼ~っとして佇んでいると、「いったい此処は何処?」状態でした。

植物の名前はゆっくり調べたいと思います。

全然先に進まないので・・・(笑)





緑ー9





昇竜洞に入って外を見たところです

緑ー5






神秘的でしたよ!

でも、エイリアンを思い出す場面が何回もあって、ゾゾ~ォ

緑ー6






その昇竜洞を出た瞬間も こんな光景に圧倒されたのでした

緑ー7




昇竜洞の周りを手入れしている方が、話しかけてこられました。

とっても気さくなおじさんで・・・

(この方に限らず沖永良部の人たちはとても話好きで、人情味溢れる方ばかりでした)

見ての通り↓、この時期でも新芽が芽吹くんだよ。そう教えてくれました。

おじさんは長い間、大阪に住んでいらっしゃったそうです。

この島での生活、一体どんなものなんでしょう?

季節のメリハリがないのはちょっと寂しい・・・その言葉が印象的でした。

でも、ずっと島に住んでいる方たちは、そうは感じないのかもしれませんね。



本当に新芽が綺麗でしたよ

緑ー8






国頭小学校にある「日本一のガジュマル」 113歳

緑ー2






ちょっと光線を変えて・・・

緑ー10

(続く)





おつきあいくださいましてありがとうございます!
人気ブログランキングへ

島旅 ③ ~沖永良部フーチャ~ 






11月6日・沖永良部島

エメラルドグリーンの珊瑚の海を後にして、フーチャヘ。



  
フーチャ-1

見渡す限り、海、海、海。

これ程の深い青を見るのは、生まれて初めてかも。





フーチャー2

サンゴ岩群に打ち寄せる波もブルー





フーチャー3

釣り人がたくさんいました。

そして親切なおばあちゃんが教えてくださいました。

「この辺はウミガメがよく来るんだよ。ぷか~っと息継ぎに顔を出すから見ててごらん」



フーチャー2

目を凝らしてしばらく海面を見ていたら、

あ、ウミガメ!可愛い!! と、大感激でした。

釣り人は・・・「ウミガメが来たなら、魚は釣れないね~」ですって。




フーチャー4

海から険しくそそり立つこの場所では、思わず足が竦む事も。

お母さん 「うわ~!怖いねぇ」

女の子 「そんなに怖いんだったら、早くお家へ帰ろう」

そんな会話が聞こえてきました^^


フーチャー6

この黄色い花は、今回の旅の間、あちらこちらで見かけました。





フーチャー5

↑ フーチャ

写真を撮るのは、とても勇気がいりました。怖かったです。

私の下手な写真では、その恐ろしさを伝えるのは、ちょっと(いや、全然ですね)無理みたいです。



【 フーチャ 】

フーチャとは、隆起サンゴ礁が荒波で侵食されてできた「潮吹き上げ洞窟」の事です。

季節風や台風時には20~70メートルも潮を吹き上げ、天高く飛び散った水滴が雲霧状となって

農作物に大きな被害をもたらしたため、昭和38年、4箇所のうち3箇所を爆破しました。

被害の少なかった現フーチャだけが観光資源として残されています。

「飛び立つ波は8丈余、国頭フーチャ・・・の奇観」と昔の人が歌ったように

潮吹き上げの様は壮観です。

(フーチャにあった看板より)

続く・・・


おつきあいくださいまして、ありがとうございます
人気ブログランキングへ

島旅 ② ~沖永良部の海~ 



11月6日

沖永良部空港から少し車で走ると、海がいきなり姿を現しました。

本当にいきなり! でも、島の周囲55・8kmですから

少し走れば海に出会うのは当然なんですよね。

海ー8






はやる気持ちを抑えながら、海岸へ

海ー9



感激!!



海ー10




珊瑚礁の海です



海ー11







白い砂浜がまばゆい

海ー12





珊瑚の粒たち

海ー5





沖永良部は隆起サンゴ礁の島です


海ー13

侵食されたサンゴ礁岩群の姿は迫力がありました

どのくらいの年月をかけて、今の形になったのか・・・

気が遠くなるような・・・



今日は海、また、海の写真でした。

続く・・・





おつきあいくださいましてありがとうございます
人気ブログランキングへ

散歩道より 






熊本へ帰ってきています

いつもの散歩道の風景を撮りました

散歩道ー1




青空とススキが とってもキレイでした

散歩道ー2



逆光で撮るのが好き

でも、これは失敗?でもでも自分がよいと思えばそれでよし!ですね(笑)

散歩道ー3




区切り



同じくいつもの散歩道で

いつもここから夕景を撮ります

大好きな、大きなせんだんの木と一緒に空を撮るのが好きです

散歩道ー2






今日も無事に一日が終わることに感謝

散歩道ー5葉っぱ







太陽も沈み、雲も色褪せていく空を仰ぎ見ると

小さく小さく、月が見えていました

散歩道ー9





奄美大島~沖永良部島~与論島へ5泊の予定で行ってまいります

また戻ってきたら、写真を載せたいと思います

暫くブログから離れますが、又、帰ってきましたらよろしくお願いします

寒暖の差が激しく、体調をくずしておられる方も多いようですね・・・

どうぞ皆さま、ご自愛くださいね

(お返事を書けないと思いますのでコメント欄を閉じています。申し訳ありません m(__)m )


いちー1

 ↑ 猫は熊本の家で娘とお留守番です おりこうさんにしててね♪ 



ご訪問いただいて 幸せです(^-^)
人気ブログランキングへ
thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

キラキラ 

日中は穏やかなお天気でも、朝晩は暖房が恋しい季節になりました
早いもので もう晩秋ですね
今日は朝からの雨で、家の中も冷え冷えとしています

写真は、先日桜島から垂水へ行った時に撮りました
西日をうけてキラキラ光る海面に
小さな漁船がユラユラ揺れながらたくさん浮かんでいて、
それがと~っても綺麗で、感動しました


垂水ー13





垂水ー11






垂水ー15垂水ー16


桜島の噴煙  この日は垂水へ





垂水ー1


また明日の朝早くに漁に出るんでしょうね


先日は朝獲れのキビナゴを刺身にしていただきました
自分で刺身にしたのは初めてで・・・((^┰^))ゞ
捌き方をお店の人に教えていただいて、やってみました~
身が透きとおっていてですね、本当に美味!でした
キビナゴは鹿児島の郷土料理のひとつです

こうして海を眺める事ができて、そして海の幸を味わえる事、
本当にありがたいことです









区切り猫 gif




いちー1


我が家の猫です

この真剣な表情には、いつも笑ってしまいます
たまに布団にもぐり込んできるようになりました
冬が近づいてきたんだなぁ



ご訪問ありがとうございました
人気ブログランキングへ

sunset 

鹿児島で生活するようになって
海へ行く機会が増えました
歩いていける距離にあるわけではないのですが
気がついたら海に来ていた・・・
今までは海よりは山!と決め付けていた自分がいて、
そんなかたくなさが、ここに来て
少しづつ解きほぐされていくような気がしています

江口浜ー5

( 鹿児島県日置市東市来町伊作田 江口浜 ) 

東シナ海に面するサンセットロード
先日は人を拒むかのような無人の浜辺で
太古の地球に思いを馳せました

でも今回は人の息づかいを感じる浜辺で
人間を撮りたくなりました


江口浜ー11






江口浜ー3






江口浜ー10

人がいるだけで 何故か温かいな・・





ご訪問、ありがとうございました

人気ブログランキングへ






















巡る 


10月8日 夕刻の海

煙霧の影響でしょうか、神秘的な海に出会えました 

  【 煙霧とは → wikipediaへ 】

水平線と空の境が定かではない 空も海も薄紅色に染まったかのような不思議な光景でした

吹上浜の松林を抜け、小高く積もった砂の塊を 砂に足を取られながら登った

その先に広がった無人の浜辺です

太古の時代からここにある海に 感動!


海ー2
( 鹿児島県南さつま市金峰町 上ノ山海岸にて  10月8日)






海ー3






海ー4

煙霧の現象は沖縄から四国まで観測されたそうですね







区切り猫 gif





夏から初秋にかけて咲く黄花コスモスも そろそろ今年の役目を終えようとしていますね

今年もありがとう

花が少ない時期に いつもどこかで黄色い花を見せてくれました


黄花コスモスー2





黄花コスモス







紫蘇の穂


穂紫蘇も光をあびて キラキラしています

来年もまたたくさん芽吹いてください


人気ブログランキングへ




夕暮れの散歩道 






夕景

熊本へ2日間帰りました

娘に久しぶりに会って、いつもの散歩道で夕暮れの空を撮って

ただそれだけだったのですが






夕景ー1

わたしの散歩道






夕景ー2

やっぱり、しみじみといいな~と・・・・






**********************************************

大切な物に仲間入り ↓

クジラのペンダント☆

近所のクリーニング屋さんのおば様にいただきました


奄美

奄美大島のお店をたたまれてしまったそうです

その時売っていた小物やTシャツを 時々くださいます

「病気をしちゃってね・・・」と呟くお顔が寂しげで



ありがとう、大切にしますね


奄美の里

(↑ 奄美の里にて)

人気ブログランキングへ




秋 満開 

( 熊本県人吉市蓑野町  9月23日 )

所用で人吉へ行ってきました

時間に余裕があったので カメラを持っての散策

どこを見ても秋一色の風景が 心の隅から隅まで幸せな気持ちにしてくれました

 

秋色ー1








秋色ー8







                    秋色ー3







秋色-4







秋色ー4







秋色ー5







秋色ー6




昨日(10月2日)は近所の小学校の運動会がありました

朝早く、花火の音で目が覚めると

近所のお宅から、お弁当を作っているいい匂いが・・・

なんか、いいなぁ~

そして、自分が子どもの頃の運動会の朝と同じ空気だぁ! そんな事も感じました

去年までは10月に入っても夏日が続いたりしていましたが、

今年は本当に秋らしさを感じます

・・運動会の楽しみはやっぱりお弁当! 日ごろ忙しくしている親と

一緒に食べるお弁当は、美味しくて嬉しかった

みかん、梨、柿と、その秋に始めて口にするのも、運動会の日でした


パソコンに向かっている今は、金木犀の香りがしています  秋ですね


人気ブログランキングへ



桜島に魅せられて 


   

桜島ー4

(鹿児島県垂水市錦江町 垂水港より)

夕刻の垂水港から見た桜島です

市街地にドカ灰を降らせていた頃に撮りました

今も降灰情報メールが一日数回届いていますが、

この頃とは微妙に風向きが違っているからなんでしょうが

住んでいる所には それほど影響はありません








垂水港ー7

その垂水港で見た夕陽です







月

月も





垂水 夕景

桜島とは正反対な穏やかさ・・・でもちょっと視線を変えると噴煙を上げる桜島が見える

すごい景観でした







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓ この日の午前中に走った桜島

有村溶岩展望所から写真を撮りました

桜島

風の音なのか噴煙が上がる音なのか ゴーゴーという音だけが聞こえ、

灰が舞い上がる凄まじい光景はやはり怖いと感じますが

それでも何故か惹きつけられてしまうのでした







桜島ー1







桜島ー2

↑ わたしもいつかは桜島に向かって こんな言葉を言える日が来るでしょうか~(笑

鹿児島へ来て、桜島へ渡ったのは3度目です

また近いうちに足を運びそうな予感がしています


人気ブログランキングへ

12分の旅 



鹿児島中央駅には観覧車があります

初めて見た時は不思議な光景に見えましたが

この観覧車のおかげで、自分の位置がわかるように(大体ですが・・・)なりました

鹿児島へ来て5ヶ月、少しづつですが

この土地にも馴染んできたような気がしています



観覧車がぐるっと回るのに、12分

中央駅から川内駅まで、新幹線で12分

同じ12分ですが、観覧車の12分に魅力を感じます

鹿児島中央駅ー1









鹿児島中央駅








↓ 桜島の降灰が一番ひどかった日の前日、鹿児島港から桜島を撮りました

桜島自体も灰にすっぽりと覆われていましたが、灰の行き先は風に乗って市街地方向へ

桜島








鹿児島港

明朝、屋久島へ向かって出港する折田汽船・通称「ヤクツー」

ライダーはバイクと共に ヤクツーで屋久島を目指します

鹿児島港








鹿児島港ー3







鹿児島港ー1

台風が過ぎた後は風向きが変わり 北からのひんやりした風になりました

そうなると灰は市街地方向へは降ってこない

こんな当たり前のような事を ひとつひとつ発見したり肌で感じたりしています
【撮影 オリンパスXZ-1】



みなさんの所は台風は大丈夫でしたか?

被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げたいと思います

・・穏やかな秋になってほしいものですね

 


人気ブログランキングへ

北緯31度 



佐多岬ー9
(鹿児島県肝属郡南大隅町佐多馬籠田尻 佐多岬から 9月8日撮影)


九州本島最南端 佐多岬から見上げた空


インドのニューデリーやエジプトのカイロと同じ

北緯31度線上にあります




佐多岬-1

台風15号が北上する今は

岬の突端には太平洋の荒波が 激しく打ち寄せているかもしれません






この日の佐多岬は

強い太陽の光とその影がとても印象的でした

佐多岬ー4









佐多岬ー6









佐多岬ー7









佐多岬ー8



『さいはての町』

好きな歌の一節に出てくるこの言葉になんともいえない哀愁を感じ、

曲を耳にする度に『さいはての町』ってどんな町だろう?と、想像してきましたが

乏しい想像力ではいつまでたっても幻の町のまま


佐多岬へ行くことになって

九州本島最南端で海が見える町、もしかしたらと淡い期待を胸に抱きました

たしかに人影もまばらで寂しい町ではあったのですが

ギラギラした太陽と青く濃い空と海のダイナミックな美しさが眩くて・・・・

今だ『さいはての町』は幻のままです





佐多岬ー2










佐多岬



台風15号。

わたしが住んでいる所は、今のところ雨も風も強くないのですが。。。

それにしても近畿地方の雨が心配です

みなさん、どうぞお気をつけくださいね




人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。