空をみあげて 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

 





↓ こちらへ移りました


  写真ブログ→http://itikoxtupi.exblog.jp/

  気儘なブログ→http://itisabu.exblog.jp/
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: -- | edit

熊本「さくら紀行」 友人編 







4月12日  南阿蘇久木野の観音桜

観音桜ー4

久し振りに会った友人と共に、南阿蘇久木野方面へ向かう途中
「観音桜 満開」という立て看板に導かれて、初めての対面

阿蘇外輪山のなだらかな牧草地に、見事な桜の木がぽつんと立っていました
知らなかったなぁ、こんなに美しい桜が在ったとは




観音桜ー2

おそらく地元の人や写真好きな方は、ずっと以前からご存知だったに違いない
テレビで紹介されたのがきっかけで、訪れる人が増えたようです
囲いや支柱はそれまではなかったそうです

数人の方のブログで、“孤高の大桜”と言われていた頃の写真を見ました
素晴らしかったです!
囲い等ができて、とてもがっかりしておられると思います
私ももう少し早く、出会いたかったな

人の思惑には関係なく、来年も来来年もその後もずっーと
花を咲かせてほしい






観音桜ー3



阿蘇山とカルデラ、最高の場所です

                           
                        
観音桜ー5







ヤマザクラー1



観音桜だけではなく、どの桜も美しかった


                         
ヤマザクラー2






                          
タンポポー1






タンポポー2


その後は、南阿蘇から北阿蘇へぐるり


根子岳をバックにした畑には一面タンポポ!こんなにたくさんタンポポが咲いているのを
見たのは初めてです
いつまでも残って欲しいです、このような風景






「さくら紀行」の最後は、3月末に撮ったオオシマザクラ(鹿児島県指宿市にて)
花と葉が同時に開くこの桜も、とても好きです

オオシマザクラー2







熊本「さくら紀行」 娘編 


4月9日   熊本県阿蘇郡高森町 高森峠・九十九曲り千本桜

千本桜ー1

この日の千本桜は、麓では五分咲き。峠の頂上付近は固い蕾でした

若い頃は、クネクネとしたヘアピンカーブをバイクでひたすら走り、

高千穂をめざしたものです。あんなに遠かった場所が嘘のように近くなるというのは、

不思議な感触です

この高森峠もすっかり観光地になってしまいました(昔は車とすれ違うのも稀だった)





田楽の里ー1

阿蘇高森「田楽の里」で、娘と一緒に田楽料理をいただきました





その後は「白川水源」へ 

こちらの桜は満開でした

白川水源ー3










土産物店の風景   熊本らしいでしょう?

白川水源ー1






すぐ近くの「阿蘇白川駅」  

あまりに長閑な風景で、思わず車を停めました

天気のおかげでしょうが、時間の流れがゆっくり

保健室でうつらうつらしながら、校庭から聞こえる声が遠のいていくような、

そんな時間に似ています。これも昔の話。

白川駅ー1白川駅ー2

銅像は誰なのか、確認するのを忘れてしまいました

ネットで調べればすぐにわかるのでしょうが、わからないままにしておきます








次は南阿蘇村中松「一心行の大桜」

どちらかというと白に近い花をつける、ヤマザクラです

一心行ー2






平日でしたが、この日も大勢の観光客が訪れていました

一心行ー3





樹齢は400年くらいだそうです

(1580年に薩摩の島津氏との戦いで矢崎城(宇土郡三角町)で戦火に散った、

峯伯耆守惟冬(みねほうきのかみこれふゆ)の菩提樹との事)

一心行ー5



熊本ではあまりにも有名な場所への「さくら紀行」になりました

夫の転勤で熊本へ引っ越してきた頃・・・。十数年ほど前になりますが

子ども達が親と遊びに行くのを敬遠し始める、そんな時期でした

思い返せばこれまで一度もここへ

娘を連れてきた事がなかったなぁ



大人になった娘とこうして来れたのは、ヨカッタです

本当は観光地より、自分だけのMy桜を見つける方が好きですが

娘のために頑張りました!




続きます

thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

花暦 3月 




鹿児島県指宿市のフラワーパークを

ぶらり・散策をした時の写真です

光と影が印象的でした

(3月28日撮影)

シャクナゲー5

早くも石楠花が満開でした

薄暗い中に浮かび上がるようで、とても美しかったです






フラワーパークー5






これは、何の芽なんでしょう?猫の尻尾みたいで可愛い!

フラワーパークー1





「アマミセイシカ」

奄美諸島で自生しているツツジ科の花です

フラワーパークー10


フラワーパークー11









「カラスノエンドウ」・・・フラワーパークでなくても

どこにでも咲いていますが

フラワーパークー7

「山の幸」という本によると、小さな“さや”は食べる事ができます

一度、油炒めして食べた事がありますが、味はなかったような??

こういう野に在るものが食べられるかどうか、

知っていると役に立つ時があるかもしれませんね






光があたると、何もかも輝きだします

フラワーパークー15








明ー1







「オオシマザクラ」

オオシマザクラー3


この「オオシマザクラ」と「エドヒガン」を交配したものが「ソメイヨシノ」、でしたね






thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

老木に会う 





ソメイヨシノ、ヤマザクラと寄り道しながら

やっとエドヒガンの元にたどり着きました

樹齢・600年だそうです

室町時代からずーっとずっと、静かに時の流れを見てきたのかな~

発見されたのはわりと最近だそうです(1977年・昭和52年)

威厳を感じさせる老木   感慨深いものがありました

(3月31日撮影 満開だと思われます)

エドヒガンー7

広角で下から撮りました

空に向かってぐぐぐーっとのびていますが、わかりにくいですね

花は他の木々の更に上にあり、小さくしか写りませんでした

午後の遅い時間でしたが、西日が高さ28mの上部を照らしてくれて良かった



エドヒガンー6







エドヒガンー1






渓谷沿いの山道を6キロほど走り、

駐車場から山道を300メートル登らなくてはいけないからか、

殆ど人とすれ違いませんでした

エドヒガンー4

でも、そのほうが良いですね

人の足で根回りを踏み固めてはいけませんから






駐車場に戻り、

エドヒガンの子孫と思われる(枝の感じが山中の老木とよく似ていましたが??)

若い桜の間から空を見上げると・・・・・

エドヒガンー9







エドヒガンー12




花の下にて 





奥十曽渓谷の山奥に自生しているという「エドヒガン桜」に会うために、

小さな集落を抜け、山道に入ろうとしたところで

山桜が静かに咲く景色に目を奪われました


ヤマザクラー2


十曽池  



人気もなくて静寂そのもの

山桜によく似合っていたなぁ


山桜ー4





桜の近くには土筆がいっぱい!

ファインダ越しに見る土筆ワールド

まるで“ニョロニョロ”みたいでした

ツクシー2



昨日の毎日新聞に、山桜の事に触れた記事がありました

ソメイヨシノはほぼ一斉に咲くのに、ヤマザクラは何故バラバラに咲くの?

という謎が解けました

(自分の為の記録として、一部をそのまま転記)




・・今日(4月3日)は、春の嵐が吹き荒れています



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 人間の営みや思いと関係なく、今年も桜が咲きます。

~略~
 
「同期の桜」ではありませんが、一斉に咲きそろってほんの数日だけ満開を誇り
また時を同じくして、薄紅色の花びらを散らす桜の姿に、
日本人は生の喜びとはかなさを感じとっているのだと思います。
 しかし、このはかなく美しい桜の姿を持つのは、
日本の桜の八割を占めるソメイヨシノのものです。
ソメイヨシノは幕末に江戸の染井村で、野生種であるオオシマザクラとエドヒガンを
交配して作られました。人工的に作られた雑種で、種子ができません。
このため自力で繁殖する事ができません。
人間が挿し木などで増やす以外に、この桜が地球上に生き残る方法はないのです。
 世界中のソメイヨシノは同じ遺伝子を持った「クローン」ですから
同じような環境のもとでは、開花も散り際も見事に「同期」するというわけです。
 「ねがはくは花の下にて春死なん」と詠んだ西行が3年住んだ花の名所、
奈良県の「吉野山」の桜は殆どがヤマザクラです。
このヤマザクラは、日本古来の桜の代表種で、花と葉がほぼ同時に出ます。
野生種ですから、勿論受粉して実を付け、繁殖します。
ソメイヨシノと違い、有性生殖をしますから、株ごとに遺伝子の多様性があるため、
開花の時期にも幅があります。
江戸時代以前の花見は今の吉野山と同様、もっと長く楽しむ事ができたはずです。

 今年、被災地の皆さんはどんな思いでお花見をされるのでしょうか。
とても複雑な思いです。
しかし全ての日本人は、犠牲者への慰霊の思いを胸に、
今年の桜を見上げるはずだと信じています。

(Dr.中川のがんの時代を暮らすより 一部抜粋)



thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

桜のトンネル 






鹿児島県伊佐市の山中にあるという、

「エドヒガン桜」を見にいく途中で出会った景色です(3月31日 伊佐市にて)

桜ー8






桜のトンネルの 息をのむ美しさに

時間が経つのも忘れて、シャッターを押し続けました

見たとおりの美しさに撮れたらなぁ・・・

桜ー7








桜ー1








若い二人が傍らを駆け抜けていきました

昨日は、目にするもの全てが輝いていたように思えます

桜ー4桜ー9









桜ー3

あ、先を急がないと日が傾いては「エドヒガン桜」の姿を見られなくなりそう・・・

(つづく)


OLYMPUS E-3    ZUIKO DIGITAL ED50-200mmF2.8-3.5 SWD








thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

海のある風景 




長島の海

長島ー2






立っていられないほどの風でした

海鳴り ごぉぉ ごぉぉ

長島ー3





久しぶりに海のある風景を見て

長島ー4





気持ちが穏やかになったような気がします

長島ー5





昨日今日でソメイヨシノも満開一歩手前です

店頭では筍が並ぶ姿も見られ

一気に季節が進んでいくのを感じます

まだ値段が高くて買えない筍ですが

これは↓嬉しい頂ものです

今夜は湯がきたてを 酢味噌でいただきますね


筍



OLYMPUS E-3   ZUIKO DIGITAL ED50-200mmF2.8-3.5 SWD
ZUIKO DIGITAL 11-22mmF2.8-3.5
最後の写真のみ OLYMPUS XZ-1


海辺の春色 






“長島”の海の色を背にした、なずな

なずな

この日は強風が吹き荒れていましたが、

陽射しには久し振りに春を感じる事ができてヨカッタです


鹿児島の北西に位置する長島は、黒之瀬戸大橋で結ばれた“島”

新鮮な魚と美しい海、段々畑が広がる景色と

温暖な気候(温州みかん発祥地)の長島。住んでみたくなるような島です



長島ー1長島ー2







太陽の光を浴びるだけでも、気持ちが元気になってきますね

風が強かったのでキレイには撮れませんでしたが、

白い花ビラと柔らかい新芽がとても綺麗でした




長島ー3




桃の花?

長島ー8





どこでもよく見かける足元の花も

長島ー6




春の陽射をいっぱい浴びていました

長島ー7





花より若葉が輝く山桜   地味ですが何故か好きなんです

山桜ー1




OLYMPUS E-3   
ZUIKO DIGITAL ED50-200mmF2.8-3.5 SWD ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5
thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

花曇 




近所のソメイヨシノは、最近になってようやくぽつりぽつりと開花し始めました

「梅が渕観音さん」への上がり口の3本の桜だけは

何故か開花がすすんでいます

写真を撮っていると近所の方が声をかけてくださいました

「ここは早かもんね。甲突川の桜はまだちらほらしか咲いてないのにねぇ」



桜-2



それにしても

写真って風景を写すだけではなく、撮っている時の自分の心も写してしまうんですね

なんだか冴えないのです。すっごく冴えない。写真も気持ちも。




お天気が悪い日が多いと、心が曇ってしまいます

嵐にならなければいいけれど・・・。

体調にも関係してくるようで、腰が痛いです



こんな時は、ひたすらじっと雲が過ぎ去るのを待って

しゃがんでいよう

また思い切りジャンプする日のために






桜ー1




桜の花が空から降ってくるように見えました





桜ー3




昨日はほんの少し、青空が顔をだしてくれたけれど

今日はまた雨




桜ー4


たまにはこんな時もありますよね

(前記事にコメントをありがとうございます、感謝です)


-- 続きを読む --

夢見るさぶ 



推定、生後6ヶ月のさぶ

網戸に光が当たってキラキラ  まるで夢見るさぶ。

さぶの見る夢は・・・・与論島のお母さんかな・・

それとも、思いっきり遊んでもらうシーン??

母がわりの私は現在腰痛のため、さぶの遊び相手の役目を十分にはたしていません



さぶー1






ごめんにゃ~ぁ


さぶー4





↓ これは夢見ない日のさぶ。

具合が悪い時の顔は、いつもこんな感じ

でも、随分と病院通いが減りました


さぶー1





さて外の様子は??

桜1







近所の桜です


桜









変わらない思い 




3.11から一年経った今も、心の中では色んな思いが交錯します
去年は桜を見ても、美しいと思えなかった
今年はどうだろう?
平凡で愛おしい日常を取り戻したい
そう願う人達の心を踏みにじるのは・・・

あの原発さえなければ



自分にできることをやっていくしかない

月







月ー1





暫く熊本に居ました
本当に寒かったです
気温が真冬並みだったという事もあるけれど、
やっぱり古い家だと断熱効果が・・・
夏は風通しが良くて、殆どエアコン使わずに済みますが

鹿児島に戻ると、季節が半月ほど先を行っているので驚き!

でも寒さのおかげで愛しい“いち”と、思いっきりベタベタできました

いちー1






いちー2






いちー3



いつも見にきてくださってありがとうございます



thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

散歩道より 





寒い日に見た夕焼けは格別でした

空気がピンと張り詰めていました

夕焼けー1





少し前に撮ったものです

夕焼けー4





熊本の散歩道から

夕焼けー6





熊本も、少しは空気が緩んだかなぁ

夕焼けー2






夕焼けー5

“いち”に会いに熊本へ帰ろうと思っています

いつもご訪問ありがとうございます!



OLYMPUS E-3
ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5    ZUIKO DIGITAL ED50-200mmF2.8-3.5 SWD




thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

晴れやかにひっそりと 







晴れやかにー4

冬枯れ色だった川のほとりも 明るく輝きはじめました

キラキラ キレイ アッタカイ






冬の間、いつも見上げてきたせんだんの木の下では


                      
                   晴れやかにー6




ウメが

晴れやかにー1





スポットライトを浴びています  

晴れやかにー2





その下にはひっそりと・・・

ひっそりと



OLYMPUS E-3 ZUIKO DIGITAL ED50-200mmF2.8-3.5 SWD




春おこし 




昨夜から強く降りだした雨は、いつまでも寝ぼけている春を目覚めさせるような

春おこしの雨になったような気がします

今日は久しぶりに青空も見え、暖かくなりました!

近所の甲突川沿いに咲いている梅、種類によっては

もう花びらが強い風に舞っていました

ume.jpg







梅





つい5日前は鹿児島市内にも雪が舞い、その日に訪ねた霧島の山の頂きは

冬の表情でした


韓国岳です  新燃岳の噴火で入山規制が続いています

韓国岳ー1





山に入れば美しい樹氷を見られるのかな~

韓国岳ー2







韓国岳ー3




でも霧島の春も、もうそこまで??




韓国岳ー4





霧島温泉郷の猫さん  背中に何か付いていますけど~?

韓国岳ー6

猫にも人間にも悩ましい恋の季節ですね

うちの「さぶ」のスプレーに手を焼いています(昨日手術をしましたが、今日は布団と毛布に・・・涙!)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

OLYMPUS E-3     ZUIKO DIGITAL ED50-200mmF2.8-3.5 SWD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。